晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

夢の家づくり日記R センサーライト取付

カーポートへのセンサーライト取り付けを行いました。

家作りを決意した頃に、防犯と利便性を考えて動線のある所はセンサー付きのライトを採用することにしていました。
パナソニックのショールームで現物を確認していた頃です。

その後、パナソニックの住宅用センサーライトがやたら高かったり取り付け場所が窓と被ったりして一旦中止にしたものの、じゃあ自分でつければイイじゃない的な考え方をして、市販のセンサーライトを衝動買いしました。
家作りでテンションが高くなっていた頃の話です。おそろしや・・・。

180328 (1)_
ムサシというメーカーのセンサーライトを選びました。
そうそう壊れても嫌なので、長持ちしそうな値段のものを選んでいます。
固定が樹脂なのが経年劣化を想定すると心配な所です。

180328 (2)_
屋外コンセント付近。
外構工事のときに屋外コンセントからカーポートの根元までCD管を埋め込んでおいてもらいました。
後で調べたらCD管は屋外の設置に適してないって書いてありました・・・(;´Д`)

180328 (3)_
カーポート側。
クリーム色のハコは未来工業の製品で、フレキを繋げています。

180328 (4)_
インシュロックでフレキの経路を仮止め。

この日はちょうどアテンザさんのメンテナンス日で代車のアルトが入ってきています。
(詰めれば2台縦にはいるかも)
最近の年式のようでしたが、なかなかどうして侮れませんね。
60キロくらいまでの平地の加速なら十分にキビキビ走ってくれました。

ただ、ギクシャクとしたCVTの動作がどうにも我慢できませんで・・・あとアイドリングストップの動作がダメダメ。
パーシャルで開けていくとジャダーみたいなガクガクが収まらない領域があったり、カックンブレーキで止まらないと何度もエンジンがかかってすぐ止まるを繰返します。

ホンダやトヨタ、ダイハツではこういう挙動がないので残念なところです。
・・・・・・( ゚д゚)ハッ! 今日の日記はアルトのインプレじゃなかった!

180328 (5)_
フレキをサドルで柱へとめていきます。

あってよかったインパクトドライバー、一家に一台。
というより、家造り当初から何だかんだ大活躍しているので買ってよかったと思います。
うちにあるのは日立のFWH14DGLの前の型になりますが、ドリル&ドライバー&インパクトレンチと三役で使用中。
バッテリーも長持ちするし、ちょっと油断するとネジが折れるくらいのパワーがお気に入りです。

180328 (6)_
ライトの配線とコンセントからの配線はこの箱の中で繋ぎます。

180328 (7)_
ケーブル通しを使ってCD管の中へ電線を通して、コンセントプラグを繋ぎました。
今繋ぐと危ないのでとりあえずこちらはこれで完成。(^_^;)

180328 (8)_
ライト側の配線も完了。
センサーの向きやライトの角度も適当に合わせておきます。
点灯試験は夜を待ってから・・・。

180328 (9)_
万が一、ブラケットが壊れて落ちることがあってもそのまま落下しないように電線を巻き付けておきました。
これなら人やクルマに直撃はしないはず。

180328 (10)_
全体から見るとちっちゃいライトですが、夜に点灯試験をしたら結構な爆光でした。
敷地内に入らないと店頭しないように調整したので、眩しいという苦情があったら言い返せると思うのですが・・・(;´Д`)


家作りやメンテナンスは楽しい作業です。家の周りの落ち葉を掃除したりしてます。
正直こんな日が来るとは思ってなかったので自分でも驚いてしまうのですが、一つ思ったことがあります。

”事前に準備しておくと面白みが減る”

ことですかね(´・ω・`)
パントリーやウォークインクローゼットの棚作り、ガーデンブロックなど事前に部材を手配しておいた事柄が、結構たいへんだなーって思いながらの作業になりました。
その時々のテンションのありなしに関わらず、追われてやるというかやらなきゃいけない気がしてしまうわけです。

やりたいことはリストに留めておいて、気が向いたら材料を買ってやる方が良いと思いました。
この辺、詰みゲーや積ん読に似てるかもしれません(;´Д`)
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

夢の家づくり日記R ガレージライフ始動?

引越しの荷物やら不用品のオークション出品やらを繰返してようやくガレージに隙間が出てき始めた今日このごろ。

そろそろバイク仕舞えるなあ~なんてぼんやりと思っていた所、妙な気配が・・・。
珍走みたいな空ぶかしをしながら、穴の空いたマフラーみたいな排気音の原付がうちの周辺を物色しているのです。
まあ、ウチじゃないかもしれないのだけれど気になります。

引越してきてそろそろ4ヶ月、その間愛車のタイガーさんはカーポートの端っこでカバーに包まれて駐車状態。
普段はクルマの影にあるとはいえ、外から見たら結構目立つように置かれています。

泥棒が見たらカモだと思うかもしれない。
幹線道路が近いので逃走経路も揃っている。
日本の警察はバイク泥棒に寛容(盗まれる方が悪い)。

もう居ても立ってもいられなくなり、寝不足になる始末・・・(´・ω・`)

というわけで、まだ片付いてないけど何とかバイクが納まりそうな隙間を急遽作ってガレージへ仕舞うことにしました。

180325 (4)
何とかバイクが収まってくれました。
単なるガレージだと居住性や湿気が気になったので断熱にした結果、シャッターの向こうにある4枚扉の開口が結構ギリギリです。
部屋に何にもなければ結構楽に入るのかもしれませんが。

180325 (5)
これでバイクを眺めながらお茶が飲めるぜ・・・!
いや、思ったよりガソリンや油脂の臭いが鼻につくんですよね(;´Д`)
換気扇付けないとキツイかも。

カウルをバラしたりガソリンタンク下ろしたり、途中で作業やめてもいい環境って素敵だと思います。
(今までは暗くなったら作業完了だったし、冬に作業して風引いたりしてたので)

で、ようやく念願のガレージ入庫となったタイガーさんですが、次の日には車検のため出ていくことになりました(;´Д`)


180325 (6)
代わりに入ってきたのがこれ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

・・・・・・えっΣ(゚Д゚)?

ホンダ・STX1300、パンヨーロピアンという海外では白バイにも採用されているバイクです。
V型4気筒1300ccの大陸横断ツアラー来たる!
車検で入れたバイクより高いバイクが代車ってあり得ないと思うんですよね・・・

乗った感想はというと、オン・ザ・レールでドカンと加速していく感じ。
曲がる走る止まるがタイガーの3枚くらい上のクラスなんですけど!
低速でも超ねばるトルクフルなエンジンに、開ければ飛行機みたいに加速するパワーがなんともはや。

あと、フロントスクリーンが電動で上下したり、グリップヒーターが標準でついていたり、物を入れるハコが3個もついてたり。
シートもフカフカでお尻が痛くならないとか、ずるいバイクだなと思いました。

欠点は重さ、ですかね。
ガレージ前のスロープでエンジン切ってたら動かせなかったです・・・。

タイガーさんより高い代車、盗まれたら困るので頑張ってガレージに入れました(笑)。
使ってないのでしばらく乗ってていいと言われたけど、どうすんだこれ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

夢の家づくり日記R ガーデンブロック埋め込み

今日は庭のガーデンブロック敷設について。

敷地には防草シートと6号砕石をひいたのですが、庭の1/4くらいを花壇にしたので境目にガーデンブロックを置きました。
外構に関しては何となく研究(?)していただけなので、穴掘ってブロック置けばいいや程度に考えていたのが大間違い。
図面を書いて試算した結果、ブロック50個という途方もない作業量に軽くめまいを覚えつつなんとか終わらせました。

「自分でやるからいいよ」

家造り過程において便利な言葉ですが、結果としては損をする言葉でもありますね・・・。

最初はコメリの通販サイトで売っていた1個298円の「ガーデントップ」という商品を検討していたのですが、近所のコメリに問い合わせしたところ

「大型店でしか扱ってません。この辺だと千葉になります」
「Σ(゚Д゚)!?」

ちなみに我が家は中部地方にあるんですけどね・・・千葉まで7.2kgのブロック50個買いに行けと・・・(´・ω・`)
取り寄せもできないみたいで、通販で自分で買ってくれと言われて諦めることにしました。
通販サイトだとわかりにくいんですが、重量物のため1個につきいくらかの送料が上乗せされてしまうんです。

結局、通販だと追加送料が馬鹿にならない上に、納品がトラックからそのまま路上下ろしとか変な注意書きがあったりして怖すぎるので諦めて近所のホームセンターを回ってみました。

180212 (6)
色々探し回ったあげく見つけたのがカインズホームという大手のホームセンターに売ってました。
コメリのブロックよりは小さくて軽いです。
逆にこの方が水平や真っ直ぐなラインを調整できるので便利でした。

180212 (1)
1日5メートルの作業で計4日、なんとかブロックを配置完了しました。
ただ溝掘って埋めただけなのに結構時間がかかってしまって、家族の生温かい視線を背中に浴びながらの作業が辛かったです。

180212 (2)
飽きたり疲れたりしたときは猫成分を補充。
4日もかかったのはこうやって現実逃避しながら休憩していた時間が多かったためかと・・・(;´∀`)

180212 (5)
一応水引を張っていた割には所々曲がったりしていますね。
そのうち馴染んで気にならなくなると良いなと思います。

180212 (7)
反対側から見ると歪んでいるのがよくわかります(´・ω・`)
ブロックに段差があるのは、土地が微妙に傾斜していて埋めしろを調整した影響です。
この辺はまた気が向いた時に修正したいと思います。

そういえば最近バイクやクルマに乗ってないなあ・・・(フラグ?)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

夢の家づくり日記R その後の話

ようやく更新がリアルタイムに追いついた(けどすぐに離される気がする)2/9。
何となくタイトルも換えてみました。

家建て日記からその後のことを書こうと思ってるんですが、分類上新しいタイトルを考えるにも面倒だったのでリメンバーのRを付けるだけにしておきました。

Rememberというと中島みゆきの”誕生”という歌が浮かんできますね。歌詞と音楽が好きです。
(たしか何かの映画の主題歌だったような?リアルタイムで見たわけじゃないので)
あと好きなのは”宙船”か?でも「TOKIOの歌だろ!そんな変な声の人の歌よりTOKIOだろ!」って若い人に突っ込まれた時はちょっと悲しかったです。

ええと、今日書きたかったことはタイトル更新のほかに、ようやく太陽光発電の認可らしきものが降りたのでそのことを。
我が家は三菱製の太陽光発電システムを採用していて、出力は5.4Kw。
無知というか勉強不足だったので、パネルに電気が通った瞬間に売電が始まっているものと勘違いしていました(;´Д`)
太陽光発電を載せた先輩ユーザーさんもほとんど売電開始に関するブログ書いてないし・・・。

気づいたのは先月の電気料金を見ておや?と思ったところから始まります。
引っ越して最初にもらった明細を見た時に「買電と売電て同じ明細じゃないんだな」と思ってはいたものの、売電明細書があとから送られてくるのかと気にしないでいた次第。

それからもしっかり電気代の請求書は回ってくるし、引き落としもされるけど売電の入金記録は一向に入ってきません。
引き渡しの時にもらった書類を眺めていたら、10年長期保証の申請書が真っ白で出てきました。
それを半年以内に出さないと1年で保証が切れるというのを見てビックリ。

そんなシステムねーよ!Σ(゚Д゚)

ってことで工務店と中部電力に問い合わせして聞いてみたところ、こんな仕組みになっているそうです。

1.工務店(施工店)が太陽個発電システムを設置
2.通電開始。表示器は「発電してまっせ!」という表示をし始める(←騙される)
3.工務店が日本国に届け出。お役人様の認可待ち
4.お役人様が認可を出したら工務店が最寄りの電力会社へ手続き。
5.電力会社が売電メーターを設置。売電開始

調べた感じだと、3の届け出はもっと早く出しても良いみたいですが、我が家の場合は引き渡し直前に申請されていました。
それから3ヶ月。
発電はしてるけど何も売電していない状態が続き、太陽光パネルの表示器は1400kwほどの電力を発電したという虚しい情報を表示していました。

その電気ってたぶん捨ててるんでしょうね。そう思わないとやってられません。
まさか再生エネルギー賦課金を支払いながら自分で発電した電気をタダで渡していたなんて・・・ないよねきっと・・・
2018年の買取金額は26円なので、認可待ちで39,200円の損をしたことになります。
お役所仕事のこういうところって嫌いです。

そして変化は唐突にやってきます。
中部電力から「売電について認可されたぜ( ´∀`)bグッ!」という書類の入った封筒がとどきました。
早速webサイトで状態を見てみると2/1から売電を開始していた模様。

発電201802_
8日間稼働した発電の合計が205kw、消費税込みで5,740円のお金を稼いだことになります。
それを見た私の

イヤッッホォォォオオォオウ(゚∀゚)!!

というテンションの高さ。へうげものの主人公(注:山田芳裕氏の漫画)のようにニンマリしてしまうのでした。

何でですかね・・・お金を稼いでいるってことだけで妙に嬉しくなってしまうのは・・・
(そんなにお金に執着があるつもりはないです、念のため)
さらに皮算用したところでは、

1.8日間で200kwの発電ができるということは30日稼働で600kwくらいの発電が見込めるのではないだろうか
2.冬でこの発電量ということは夏はもっとすごいのではないだろうか

という希望的楽観が生まれるわけです。
台風とか梅雨とか発電できない期間を含めて平にしてもそこそこ期待できるのではないかと・・・。

・1年間の発電量
 600kw*12=7200kw
 7200kw*28円=201,600円

・原価償却
初期投資 1,500,000円/201,600円=7.44年

ほんとにザルな計算ですが、10年固定買い取りを考えて猶予が2.56年あることになります。
三菱の評判を見ていると20年くらいは持つみたいなので、壊れないことを祈るばかりです(^_^;)

我が家の買電金額は、旧宅の場合多いときで12,000円くらいでした。
それを基準に考えると430kw/月が損益の分岐点になりそうです。
断熱性能と気密性は旧宅と比べ物にならないと実感できているので、それよりは安くなるんじゃないかなと思います。

一般的に夏より冬のほうが電気料金は高いらしいのですが、そのへんはもう少し経たないとわからないです。
調子に乗ってエアコンの暖房を付けっぱなしにしていた1~2月の電気料金は8,600円でした。
今年の夏が楽しみです。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

夢の家づくり日記 終章 引越し騒動

今日は引越しを経験したことのある人には常識?かもしれない事柄について。


我が家は引き渡しが2017/11/25だったので、引越しはなんとかギリギリ年内に終わっていました。
引越し自体は引き渡し前に大量のダンボールが部屋を埋め尽くすくらい梱包して用意したのと、引き渡し後に毎日せっせと運んだのでそれほど苦労しませんでした。

「段取り9分、現場1分」

のような言葉がありますが、仕事も現場も私用もみんな共通して言えることかと思います。
と言っても自分の場合いつも現場で苦労するのですけど(;´Д`)
しっかり段取りしたつもりでできてないんですよねえ。

うちは中の下くらいの経済状況だったので(それでもゼロから土地を買って家を建てた上に建て直しもした両親には頭が上がらない)自分たちでできることはみんなやってきました。
覚えているだけでも5回くらい引越しをしているのですが、トラック借りて家具を積み降ろして・・・などなどぜんぶ自力。
とはいうものの、さすがに今回は5人分の荷物と30年以上蓄えた膨大な家具類、年老いた両親のことを考えて引越し屋さんを使ってみることにしました。

実は初めての引越し屋。
ネットで検索してみると、出てくるわ出てくるわ、一体どこへ頼んでいいのかわからないくらい業者がたくさんいることに驚きました。
営業Y氏に聞いてみた所、アリさんマークがオススメとの回答をもらったのですが、テレビでもやってたけどアリさんマークは開き直り公開ブラック企業なので頼む気がしません。

結局、ネットで適当なサイトを使って比較してみることにしました。

 引越し侍 https://hikkoshizamurai.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc

なんとなくサイトが見やすかったからという理由です。
引越し元と引越し先の住所、家具の量などを入力していくと我が家の場合はトラック2台で5万くらいでしょう!みたいな予想見積がでてきました。

なんとなく安すぎる気がするけど・・・まあいいかと思いながら昼飯のお弁当を開けようとした瞬間(会社で昼休み中にみていたので)・・・

ヴーヴーヴーヴー(電話の着信)

「もしもしアーク引越センターでございます、この度はお見積いただきありがとうございます!」
「は、はあ。(早いよ!見積もりサイト閉じて1分もたってないよ!)」

若干引き気味のワタシ。
ぜひご自宅を拝見させていただいて詳細な見積もりを!できるだけ早く!との押しで次の日の夜に来てもらうことになりました。
で、再度お弁当を食べるべく箸を撮った瞬間。

ヴーヴーヴーヴー(電話の着信)

「ほえ?また電話!?」
「もしもしハート引越センターでございます、この度はお見積いただきありがとうございます!」
「は、ハア」

・・・・・・

ヴーヴーヴーヴー(電話の着信)

・・・・・・

鳴り止まない電話攻撃Σ(゚Д゚) 途中、マジで助けてって思った・・・

・・・・・・

それから1時間くらいでしょうか・・・電話がならなくなったのは・・・

なんかね、中古車見積もりサイトで見積もりした瞬間から電話が鳴りまくるのとにたような感じですね。
おかげで昼休みがまるまる潰れてしまい、隠れてお弁当を食べるハメになりました。
まあ、実際大変だったのはこの後なんですが。

次の日の夜、気が弱いのかゴツいのかわからない営業さんがやってきて見積もり開始。
一通り見て出てきた金額は、13万というものでした。

「高いよ(´・ω・`)引越し侍だと5万だったよ(´・ω・`)」
「さ、さすがにその金額ではちょっと・・・ではこれでどうですか!」

11万。

「せめてひと桁にしてくれないと無理(´・ω・`)」
「ぐっ・・・わ、わかりました、マネージャーと相談します!」

10万。

「あー、わかりました。では他の会社とも相見積とって」
「(ウヒョッ)お願いします!今日限りの見積もりなんです!」

「でもなー、じゃあさ、そっちのトラックが空いてる日にしていいからもう一声」
「ウヒョッ(という顔)・・・相談します!」

9.5万。

「んーじゃあやっぱ相見積で」
「そんなぁ、お願いします!うちはテレビでもチャンピオンに輝いた自信を持って・・・」

そんな流れで営業さんの個人情報を聞いてみたり、雑談モードに。
バイクガレージで盛り上がったりその他30分くらい話をして、ふと先日の電話攻撃を愚痴ったら

「あー、そうなんですよね。この業界って一番最初に来た営業が8割契約する統計が出てまして、みんな必死なんですよ」
「(だから食い下がってくるのか)なるほど。明日から4社くらい来ることになってるんですけど、どうしたらいいですかね」
「あ、それ大変ですよ。中には契約するまで絶対に帰らない所、例えば●●イとかは悪質だってよく聞きますね」
「ちょ、ナニソレ(´゚д゚`)」
「電話で断らないとめんどくさいですよー」

一応10万円を切る予算目標は達成したので、結局アーク引越センターで梱包用ダンボールマシマシのオマケを付けて契約。
2トンロングのトラック2台で丸一日拘束するのでこんなものかなと思いました。
でも、人工を考えるとまだ値引けたんじゃないかって思ってます。

8時間×3人×単価2500円として60,000円、トラックが2台×10,000円。

「8万円くらいじゃないの(๑•̀ㅂ•́)و✧」
「勘弁してくださいよ(;´Д`)。そういう計算されちゃうと言い返せないんですよ(;´Д`)」

こんなやり取りをしてみたり。
トラックがヒマしてたり決算時期になると本当に5万でも運んでくれるかもしれませんが、どう考えても赤字な気がするのでそこまで追い込みませんでした。

で、次の日。

「はい、○●引越し社でございます」
「あーすいません、他社で契約してしまったので今日来る見積もりはキャンセルでお願いします」
「そうですか・・・また何かありましたらよろしくお願いいたします」
「はい、すいませんでした」

こんな感じで断りつづけること3社。
事件は最後の1社でやってきた!

「はい、引越しの○カイでございます」
「あーすいません、他社で契約してしまったので今日来る見積もりはキャンセルでお願いします」
「えっ、ああ、担当の者に変わりますので少々お待ち下さい」
「? オペレーターさんでキャンセルできないの?」

BGM変更(ラスボスの音楽っぽいもの)

「もしもし」
「(ドスの利いたオッサンの声!?)・・・「あーすいません、他社で契約してしまったので見積もりはキャンセルでお願いします」

「は? 見積もりは○曜日に決まってましたよね?」
「ですから、他社で決めましたので申し訳ありませんが御社ではキャンセルということで」
「見積もりは無料です」
「いえ、キャンセルしたいんですけど」
「そちらを断ってうちでやっていただけませんか」
「いえ、もう決めてしまったので。ダンボールももらってますし」
「返せばいいんですよ。うちできめてくださいよ」
「いやいや、契約してからやっぱやめたはおかしいでしょう」
「クーリングオフしてくださいよ」
「(゚Д゚)ハァ? 何言ってんですか?意味わからないんですが?」
「なんならうちがダンボール返してくるんで。今さら見積もりキャンセルとか困るんですよ」
「いやいや、ダンボール返すとかおかしいし、まだ見積もりもしてないし、なんで困るんです?」
「じゃあうちで契約してくださいよ。断ってきてもいいですよ」

どうも電話をクレーム担当みたいな人に変わったみたいで終始ドスの利いた声で対応してきたのですが、
さすがにイラッときたので(←電話なので相手が見えないと強気になれる)こちらも声色をかえて応対することにしました。

「だからさ、常識として契約したものを破棄して乗り換えるっておかしいでしょ? そんな信用置けない会社に頼むやつがどこにいるの?」
「言ってることはわかりました。じゃあいいです」

ガチャ(電話を叩き切る音)


うん、すごいね。いまどきこんな電話応対するサービス業ってあるんだね。
引越しのサ○イといえば婆さんが電車を追っかけてるCMとか面白いなーとかそういう印象だったのですが、どうやらかなり強引で評判の芳しくない業者のようです。
あとで色々な人に聞いてわかったことなんですが・・・。

「だからアリさんマークが良いって教えたじゃないですか」
「アリさんマークはブラック公言企業だから嫌」

ともあれ、今回の一件で今後は二度と引越し見積もりサイトは使うまい、と決意したのでした。
(よほどのことがない限り引越しはしないと思いますけど)

書き忘れてたけど、アーク引越センターはなかなか良かったです。
床や壁の養生、梱包もしっかりしてくれて動作もテキパキ。
トラブルなく無事に引越しはおわりました。
それにしても、アイアンウッドのケースに入れたサンスイのアンプ(推定80kg超)をひとりで運んでたのは驚いた・・・。

ちなみに、お葬式の告知を新聞に出すと同じように葬儀会社から山のようにダイレクトメールが来るそうです。
お気をつけ下さいおい

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad