FC2ブログ

晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

タンク納車と電装品取り付け

9年ほど乗ったフィットハイブリッド、まだまだ快調だったので車検を通して乗り続けるかどうか迷ったんですが・・・
色々理由があって買い換えることになりました。

・フィットHBは60代後半になった両親のものだが、住んでるところが田舎なのでクルマは必要
・このところ高齢者の操作ミスで悲惨な事故が続いていたので自動ブレーキなど安全装備は必須
・今まで付き合いのあったホンダのディーラー営業マンが突然失踪、その後の対応も塩を通り越して糞だった

乗り換えを検討したフィットくらいで使いやすいクルマとなると選択肢ってそれほどありませんでした。
軽は物理的にペラッペラな車体は覆らないので、ぶつけられたときの被害を考えてパスしています。

・トヨタ スペイド(ポルテ) → モデルチェンジするので注文不可
・トヨタ タンク(ルーミー) → 友人がネッツトヨタの営業やってたので、試乗。好感触
・スズキ ソリオ → 隣の家の人が乗ってる。試乗したら思った以上にスズキ感があった。あとディーラーがいまいち

なので、あまり悩まずにタンクになりました(・∀・)
NAとターボとあって、NAは非力だなーとすぐに感じたので、奮発してターボにしています。

190715 (1)
キャリアで登場。無事に車庫へ入りました。
車種はステーションワゴンなのに、アテンザと比べると高さも幅も全然違います。

ヘッドライトはLEDで対向車にあわせてオートハイビーム、フォグランプとデイライトもついています。
思ったより車体が高かったけど、こういった装備でどんどん値段を上げているんでしょうね。

190715 (2)
( ゚д゚)!?

フロントだけスポイラーがついてる不思議・・・。
ローダウンしたアテンザと同じ高さです(笑)
父親に、コンビニの縁石にぶつけないように言っておきました。

190715 (3)
先週くらいから山のように届いていた、電装品の数々。
・カーナビ KENWOOD 8インチ
・フリップダウンモニター カロッツェリア 11インチ(ルームランプ付き)
・ETC パナソニック
・ドライブレコーダー コムテック

ハードウェアよりも、クルマと接続するためのコネクターキットや配線を調べて揃えるのが大変でした。

190715 (5)
リアゲートを開けるとトランクがあり、小さな小物入れがありました。
長方形なので「これは三角表示灯を入れるに違いない」と確信して開けたところ・・・

ぎりぎり入りませんでした(`・ω・´)
ほんとギリギリなんですよ・・・トヨタあああああああ!

190715 (6)
中身を出してしまえば入りそうなんですが、走ってる振動で壊れてしまいそうです。

190715 (4)
中に入れるのは諦めて、マジックテープで固定。
いらない小物入れや(´・ω・`)

190715 (7)
オーディオレス、ステアリングリモコン&バックカメラのオプションで納車された状態です。
全周カメラのオプションもあって、その場合はナビとの配線キットが変わります。

190715 (8)
シフトレバーはプラスチックのカバーと中に入っている金具を外せばスポット抜けました。

190715 (9)
インパネは手の力だけでも外す事ができます。
(コネクタが3個ついているので、外しながら引き抜きます)

インパネに限らずほかのところもそうなんですが、ホンダはとにかく固くて、マツダはすぐツメが割れてしまいそうになるくらい外しにくかったので、トヨタは楽でいいなあと関心しました。

190715 (10)
まずはアンテナの取り付けから。
フロントピラーのカバー、ドアのゴムを外していきます。

190715 (11)
運転席側のアンテナを貼り付けました。
アンテナのケーブルは右側のピラー内側を通してハンドルの奥からナビへ通線していきます。

190715 (12)
助手席側のアンテナ貼り付け。
新車スタンプが眩しい・・・(・∀・)

190715 (13)
ナビのGPSアンテナをダッシュボードの中に埋め込みます。

190715 (14)
メーター部分も軽く引っ張るだけで外すことができました。
裏側の空間も作業性が良くてビックリ・・・。
今までの経験で線を通すのが一番大変な作業だと思っていたので、かなり作業が捗っています。
トヨタ車ステキ(笑)

190715 (15)
続いてETCの取り付け。
アンテナはフロントガラスの上の方に取り付けました。
ピンポイントで邪魔な位置に車検シールが貼ってあったので・・・慎重に移設。

190715 (16)
オプションでETCを取り付ける位置に取り付けます。
ここが一番キレイに取り付けられますからね!

190715 (17)
特に苦労することもなく、無事に取り付け完了。
ここのパネルだけ異様にツメが硬かったので、取外しは慎重にしたほうが良いかと思います。

190715 (18)
続いて天井に穴を開けます。
子どもたちがじいちゃんばあちゃんのクルマでお出かけするときに使うための、フリップダウンモニターを取り付ける穴です。
大人が楽するためのアイテムとしては効果絶大です(ノ∀`)

190715 (19)
メーカーのキットだともう少しリアシート寄りになって見づらくなってしまう(首が疲れる)のですが、運良く運転席側へ寄せて取り付けできるキットを見つけることができました。

配線は助手席側のドア上部から、車体の配線に沿って通しています。

190715 (20)
あらかた配線を通し終えたので、フロント側の配線整理にとりかかります。
折り曲げできないアンテナ線は適当にクルクル巻いて隙間へ押し込んで・・・

190715 (21)
ダッシュボード裏の隙間がとても広いので作業が超絶楽です。
手が入らない隙間とかほとんどありません\(^o^)/

190715 (22)
フリップダウンモニターの余った線をまとめたところ。 
隙間がたくさんあって詰め込み放題なんですが、ソコソコ綺麗に配線しないと気持ち悪いので・・・。

190715 (23)
今回一番驚いたのがココ。
インパネの奥にアース取り付け端子がありました。
毎回アース用のネジを探すのに苦労していたのでありがたいです。
トヨタ最高(笑)

190715 (24)
アースを分岐させるハーネスを作ります。
(最初からエーモン当たりの分岐コネクタを用意すれば良かった・・・)

190715 (25)
車体側から来ているコネクタの、ACC電源の線がとても細いです。
カーナビ、ETC、ドライブレコーダー、フリップダウンモニターの4台分にはとても耐えられそうにありません。
シガーソケットから分岐して別途電源線を作ることにしました。

190715 (26)
ETCとドライブレコーダーとフリップダウンモニターの電源をシガーソケットの電源線につなぎました。

190715 (27)
パネルを戻して完成。
8インチ、パット見は気づかないかもしれないくらいの大きさでした。

190715 (28)
フリップダウンモニターも取り付け完了。
ルームランプのあった場所に取り付けたため、モニターのランプを連動させました。

190715 (29)
ルームミラーにかかることもないので、後ろの視認性もOKです。

190715 (30)
最後にドライブレコーダーのリアカメラの取り付け。
どうやっても配線が通らなかったので、一旦配線を切って通してから、再度つないでいます。

車体からコネクタを外すときはパッキンとコネクタを壊さないように注意。
(壊すと水漏れしてしまうので、ハーネスごとASSY交換になるそうです)

190715 (32)
熱線にかぶらないようにカメラを取り付け。
配線はゲートの中を通したので最小限の露出で済みました。

190715 (31)
カバーはほんの少し丸ヤスリで削って配線を逃しています。


というわけで、1日半かけて取り付け完了しました。
この車種はとても取り付けがやりやすいクルマだったので、心得がある人はぜひ自分でやってみることをオススメします。

タンクのインプレについてはまた後日するかもしないかも _(:3」∠)_
スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

アテンザ バッテリー交換

会社への通勤を社有車でするようになってから稼働率が激減してしまったアテンザさん、ついにバッテリーが息切れするようになってきました。

ブースト計に付いてる電圧計を見ていると、だいたい乗り始めが14.3Vを示しています。

バッテリー充電中につきアイドリングストップできませんという表示が点きっぱなしで、たまーにアイドリングストップしても、コンデンサに蓄えられた電気がなくなると電圧がすごい勢いで11Vくらいまで下がってエンジンがかかる・・・を繰り返しています。
ちなみにセルが回った瞬間の電圧は9Vくらい。

こりゃもうアカンわ・・・ってことで、バッテリー交換に踏み切りました。
お金がかかるのでギリギリまで粘ってたけど、警告が出てしまうと消せなくなるのでようやくに手を打つことにしました。
5.5年6万キロもったので長持ちしたほうかな?

190706 (1)_
アテンザのバッテリーはガソリン車と違ってとても大きなT-110というバッテリーが使われています。
ドイツ(BOSCH、VARTA)、パナソニック、GS湯浅、日立などがあったので、一番安いけど日本製の日立を選択しました。

190706 (2)_
右側にマイナスの端子があるタイプになります。
間違えるとただの鉛の塊になってしまうので要注意。

190706 (4)_
バッテリーを外すときは止め金具の落下に注意しましょう(´Д`) ←落とした人
周辺をバラす羽目になるので・・・。

おかげで普段見られないウェストゲートやツインターボを堪能することができました!

190706 (3)_
アテンザのバッテリーを個人で変えないほうがいい理由。

「でかすぎて持ち上がらないバッテリー」

なんですよね・・・最初どうしようかと思いました・・・ぜんぜん動かないので、まだネジがどっかに隠れてるのかと思ったくらいです。
フェンダーに傷がつかないように注意しながら、かなり気合を入れてようやく持ち上げることができました。
純正装着品は手をかける場所もないので、ホント大変でした。

190706 (5)_
新しく取り付けた日立のタフロングプレミアムには手提げできるパーツが付いてるので、重いけど純正を外したときよりは楽だったと思います。

アテンザのバッテリー(約23kg)交換をやる場合は2人で作業することをオススメします。
ボディや地面に落としたら大惨事です。


で、最近のクルマはこれだけじゃ終わらない・・・。
アテンザの場合、i-stopというバッテリーマネジメント機能をリセットしてあげる必要があります。


手順メモ
1)電流センサ(バッテリー端子に付いてるちっちゃいコネクタ)を外す
2)バッテリーを外して5分以上経過していることを確認、つないでから10秒数える
3)電流センサをつなぐ
4)イグニッションON(エンジンはかけない)にして1分以内に15秒以上数える
5)i-stopスイッチを押し続け、i-stop表示灯が緑点滅になるのを確認する、緑点滅以外は1)からやり直し
6)イグニッションOFF
7)ボンネットを閉じる
8)エンジンをかけ、暖気が終わるまで待つ
9)ステアリングをロックtoロックさせる(ステアリングセンサーの学習)
10)イグニッションOFF

 以下を25秒以内に行う
11)イグニッションON(エンジンはかけない)にして、5秒以内にi-stopスイッチを3秒以上押す
12)エンジンをかける。i-stop表示灯が橙点灯する
13)i-stopスイッチを長押し、i-stop表示灯が緑点滅になることを確認、しなければ11からやり直し

14)i-stop表示灯(緑)が消灯するまで待ち、イグニッションOFF
15)実装してアイドリングストップするか確認


自分は2回ほど失敗してやり直しました(´・ω・`)
ディーラーは安いバッテリー持ち込み不可もしくは工賃マシマシとのことだったので、金銭的な都合もあって自分でやりましたが、重たいバッテリーの扱いと処分、i-stopの再設定がめんどくさい人はディーラーにお願いしたほうが無難かもしれません。

交換後、テスト運転のつもりでうっかり500kmほどロングドライブしてしまいましたが、何ともなく無事に交換完了できていました。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

タイガー ブレーキパッド交換

タイガーさんのブレーキパッドを交換した話。

リアパッドが鳴くようになってきたので残量を見たらほとんど残ってなかったのでパーツ手配。
届くまで3週間くらいかかりました。
以前のペースで乗ってたらイライラしてたかもしれませんが、このところバイクに乗る時間も減っていたため
届いてから1週間放置してようやく交換しました_(┐「ε:)_

190622 (21)_
3年目でようやく12345kmという驚異的なスローペースで走行距離を更新しているタイガーさんです。
独身返上するとここまで乗らなくなるものなんだなーとシミジミ(´・ω・`)

190622 (1)_
ガレージ内でやると汚れるので、外で作業します。
少しでも涼しいところでやりたかったのでカーポートの下にバイクを持ってきました。

190622 (2)_
タイガー800は無印、XC、XR、と年代で結構違うので・・・(最近はブレンボになったらしいし)あまり公式には出てないのでパーツを調べるにも一苦労でした。
インターネットで先輩たちが交換した記録があって本当に助かりました。

フロントの型式はFDB570P、2セット使用します。
パッケージに書かれてる適用機種にVTR250やフュージョンとかが記載されています。
大型バイクとは思えない内容なんですがこれは・・・まあ、次回購入するときの参考になりそうなのでいいか。

190622 (3)_
リヤの型番はFDB531P。
今度はフォーサイトと同じパッドとか・・・うーむ、汎用性・・・( ゚д゚;

パッド用のグリスは使い捨て用で安いのを買ってきました。

190622 (4)_
パーツクリーナーもシリコングリスも、物置にあったやつ。
シリコングリスの250℃が気になるけど、峠やサーキットを攻めたりするわけじゃないので大丈夫でしょう、多分。

190622 (5)_
手が荒れそうなので台所から皿洗い用の手袋をもらってきました。
これの上に軍手とかすればバッチリそうですが、作業がしにくくなったので軍手はすぐに外しました(;´Д`)

190622 (6)_
まずはリアのパッドから交換します。
キャリパーを固定している六角ボルトの上にイモネジで蓋がされているので、マイナスドライバーで外します。

190622 (7)_
続いてキャリパーを止めているボルトを外します。
ネジを緩めるときは締め付け具合を覚えておくと後々締め戻すときにやりやすくなります。
(トルクレンチ使えよって話ですが)

190622 (8)_
キャリパーを外したらパッドも転がり落ちてきてちょっと焦りました・・・。
一瞬だけど元に戻せるか不安に(´・ω・`)
ディスクの方は殆ど減ってないので、今回はそのままにします。

190622 (9)_
上が今まで使っていたパッド、下が新品パッド。
かろうじて真ん中の溝は見えるものの、音が出ていただけあってかなり減ってますね・・・

190622 (10)_
地面に置いてみたところ。
左が今まで使っていたパッド、右が新品パッド。

ここまで違いがあると、交換満足度も高いです。

190622 (11)_
キャリパーを軽く清掃します。
と言ってもパーツクリーナー吹き付けてシリコングリスを塗り直しただけです。

190622 (12)_
リザーバータンクから漏れないように気をつけながら、ピストンを戻していきます。

以前バイク屋さんがやってるのを見てたけど、最初からある程度抜いてしまい、後で補充したほうが気が楽かもしれません。

190622 (14)_
多少やりにくかったけど、元通りに組み付けることができました。
茶色いのはグリスです。
小豆粒程度でもまだ多かったみたいで、塗りすぎてしまいました。

190622 (15)_
ガソリンもパッドもたくさん残ってるのは良いことです(*´Д`*)
とても安心できますね。

190622 (16)_
続いてフロントキャリパーを外してみました。

あれ・・・?思ったより、というか全然減ってない・・・?

190622 (17)_
新品と並べてみても、数ミリ違うかどうかしか減っていません。
交換の必要はないみたい。

でもせっかくなので、交換してみることにしました。

190622 (18)_
当たり前ですが同じ形をしています。
今まで使っているパッドに付いているプレートはパーツクリーナーできれいにしてから移植。

190622 (19)_
タイガーさんは片押しの2potキャリパーがダブルで付いてました。
パッドの型番はホンダの250スクーターと同じです(笑)。

で、この後事件が・・・

大して減ってないパッドのハズがなかなか嵌まらず、ピストンを押し戻すときに力が入ってしまいリザーバータンクからブレーキフルードが盛大に溢れてしまいました。

スロットルボディからガソリンタンクからフレームに至るまでブレーキフルードが滴り落ちるという非常事態(`・ω・´)
パーツクリーナー吹きまくりの水かけまくりで、1時間以上格闘するはめになってしまったので、次は気をつけたいと思います。

てか未だに不安なのですが、アクセルのスロットル部分とかの樹脂部は大丈夫なんですかね・・・
タンクの塗装がハゲてきたとかそういうことはまだ起こってないみたいなんですが。

190622 (20)_
気がついたら手袋も破けてました。

交換後は近所を少し走ってブレーキが効いていることを確認して完了です。
初期制動がイマイチなので、当たりが出るまで走ってやらないといけないのですがまだ動かせていません(´Д`)

自分で交換したので怖くて乗れなくなりました率 = 33% (オイオイ)

ちなみにフロントのリザーバータンク、今まではオイルの線が見えないくらい入っていたのですが相当こぼしたおかげでUPPERの線くらいまでは見えるようになりました。
リアは満タン状態でちょっと減らしたほうがいいかな?と思うくらいです。
新車時の量から増えてないはずなのに、どうしたものかな?

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

夢の家づくり日記 宅配ボックス

家を建ててから2年余り、最近は郵便局の配達間違いもなくなってきたのですが宅急便の不在配達がチラホラ出てくるようになりました。

Y社さんは大抵朝イチに来るんですが、たまーに昼頃出かけたときに来て不在通知。
S社さんは居るのに不在通知入ってる時があったり。
他にもP社さんやら郵便局やら(ここだけ呼び捨て・・・)。
楽天やamazonも業者が多様化してきましたね。

うちの場合は家に誰もいない時間って24時間のうち2時間くらいしかないはずなんですが、狙い撃ちしたかのように来てしまう配達員さんが哀れすぎるので、宅配ボックスを検討してみました。

配送業者に聞いてみたらメーカーのちゃんとしたものじゃないとダメらしいんですが、高すぎて買う気がおきなかったので
自作して3000円くらいで完成させることができました。

190602 (1)_
近所のホームセンターで材料を仕入れてきました。
鍵が付けられるプラボックス、小物入れ、南京錠が2種類、ワイヤー、カッティングシート。
※カッティングシートは作れる環境がなかったのでネットで購入しました。多分この中で一番高かったです。

190602 (2)_
軽すぎる箱に不安を感じながらも、内側に鍵かけやハンコ入れを設置。

190602 (3)_
拡大するとこんな感じです。
ハンコは自宅に転がってた古いシャチハタを入れてあります。
ヒモをつけてフックに直掛けすればケースも要らないですね。

190602 (4)_
箱の蓋部分にカッティングシートを貼り付けました。
大きくて目立ちすぎるくらいが丁度良いと思います。

190602 (5)_
普段は施錠しないでおいて、宅配の人が荷物を入れたら南京錠をかけるシステムです。
(鍵がかかってたら宅配ボックスに荷物が入ってるから開ける)

190602 (7)_
在宅と宅配ボックス、両方気づかなかったという配達員さんがピンポンダッシュばりに不在票を入れて去るというハプニングがあったので、ポストにも宅配ボックスアピールを貼りました。

190602 (8)_
宅配ボックスは持ち去ることができないようにする必要があるので、ワイヤーを張ります。

190602 (9)_
プラボックスに小さな穴を開けて、通したところに小さな南京錠をセット。
引きちぎったり箱を壊されたりしなければ大丈夫そうです。

190602 (10)_
うちは玄関にこだわらなかった(広く造らなかった)のでちょっと狭くなったような・・・。

190602 (11)_
配達員さんは忙しいみたいで、パット見の宅配ボックスを使ってくれない事があり、置き手紙的な取説を貼ってみました。


設置後の状況

1.普通に使ってくれる
 通常の宅配ボックスとして使ってくれるので、安心して外出できるようになりました。
 今まで時間指定をして待ってたり、10分ほどコンビニ行って帰ってきたら不在票入ってたりしてストレスが溜まってたので精神的にもすごく安心です。

2.無視される
 いない→不在票ポーン
 「宅配ボックスなんてチマチマしたものなんて知らねーよこちらとら江戸っ子でぃ!」

 ・・・みたいな配達員さんがいるのかもしれません。
 たまたま庭にいて「あ、宅急便だ」と思って顔を出そうとしたら、いなくなる配達員さんの背中が見えたので。
 体感10秒くらいでした。

3.間違った使い方
 クール便が入っていた(中身カンヅメだったので問題なかった)
 呼び鈴鳴らさずに宅配ボックス直入れ、風のように去る(そりゃ手間なくはやいんだけども・・・)

4.箱に入らないものを買ってしまう
 宅配ボックスの利点がないので、そういうときは時間指定(最近そればっか)
 amazonは過剰包装でやたら箱がでかい場合があったり、小出しに何個も荷物を送りやがるので最初の1個で宅配ボックスが埋まってしまい、以後再配達になるパターン(´・ω・`)


とまあ色々あったりするんですが、うちは基本的に家に誰かいるので10回の配達で1回くらい使われている感じです。
配達員さんに気を使ってますよ、的なアピールも兼ねて設置してみましたが、伝わってるんだろうか・・・_(┐「ε:)_

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

インカム修理と追加

バイクのヘルメットに付けているインカム、SENAの20Sというヤツですが
購入して360日くらいで電池がお亡くなりになったので慌てて修理に出したところ、メーカー休日をはさんだため受付で保証がギリギリ切れて

「ギリギリアウト、残念でしたー! 有償修理ごっつあんです☆」

となりかけたものの、今回は特例ですみたいな感じで直してもらった1年後。
やっぱりバッテリがー死んでしまったので仕方なく自分でバッテリーを入手して直したのが3ヶ月くらい前の日記でした。

今度はヘルメットの中のスピーカーからまったく音が出なくなり。
ヤケになって叩こうが線を揉もうが何しても音が出ません。

月に1回くらいしか使ってないとはいえ壊れ過ぎじゃないかね・・・?
中華製買って壊れるの嫌だから高いのにしたけど、これはパーフェクトにハズレ個体を引き当ててしまった感があります。

160601 (1)_
マルチテックなのでチンガードの中にマイクが仕込めず、毎回押し込むように手荒くセットしてますがこちらは異常なし。


160601 (2)_
うんともすんとも言わないスピーカーを外しました。
テスターで当たってみたところインピーダンス無限だったのでケーブル断線ぽいです。固定部なのになんで断線・・・

160601 (4)_
メーカー純正品はお高い上にまた壊れると嫌なので、サウンドテックという1000円くらいのヘルメット用スピーカーを購入。
アマゾンの評価はそれなりに良いみたいです。

160601 (5)_
20Sの土台にはスピーカー端子があるので、とりあえずテスト。

・・・・・・( ゚д゚)!?

なんかヘルメットが自作スピーカーになったみたいなきれいな音が聞こえてくるんですがこれは。
音量まだ上げられるけど怖いので途中でテスト終了。

160601 (6)_
SENAとサウンドテックを並べたところ。
厚みがそれほど変わらないので、そのまま入れ替えでOKでした。

160601 (7)_
ケーブルを加工するつもりでしたが、そのままスピーカー端子を使うことにしました。
ピンジャックの位置が正面にあるので防水面で不安が残りますが、すでに3回も壊れてるので今更どうでもいい感じです。

160601 (8)_
Bluetoothだけじゃなくて、くライン入力もテストしてみたけどやっぱり音質が全く違うという・・・

もしかしてもしかするとSENAの純正スピーカーって相当にしょぼいのではないでしょうか・・・
もしくは最初から壊れてた可能性が高い、と思うくらいに音量も音質も違いました。

以前は100km出すと風切り音で音量最大でも聞き取りづらかったのが、頭ボーンしちゃいそうな爆音まで上げることも可能になりました。
何より「このインカムはモノラル仕様なんだな」と思ってたらしっかりステレオだったという衝撃(´・ω・`)

・・・やっぱ最初から壊れてたんじゃねーか!!


という流れを経て、中華インカムを追加しましたというお話。
最初はSENAを買い足すつもりだったけど心情的に買いたくなくなったので、台湾製を買ってしまいました。
夏の間や近所を走るときはジェットヘルメットにしているので、こっちにも付けたくなったからです。

160601 (9)_
FODSPORTSのFX8。お値段は本家の1/4くらい、1万円でお釣りがきました。
普段はヘルメットから外しておける(充電が楽)のを探してたら辿り着いた、20Sの劣化パクリのようなインカムです。

160601 (10)_
外箱も梱包も付属品も取説もしっかりしています。
とりあえず外観は十分に使える品物と判断していいと思います。

160601 (11)_
取付はバネっぽい金具をヘルメットに差し込むだけなので、若干の不安が残りますが落下はしなさそうです。
マイクは一種類で、マジックテープで取付&取外しができるようなっています。

160601 (12)_
並べてみたところ。
触らなければ質感はわかりません(*´∀`)

160601 (13)_
FX8は全体的にプラスチッキーでスイッチのクリック感が曖昧です。
すんごい硬いのもあれば、コリッと動いてしまうのもあってそこは安物感が漂う感じ。
(20Sを持ってなければこんなものかって気にならないかと)

160601 (14)_
20Sは各所の作りがかなりしっかりしています。
台座もしっかり固定されるので、取付・取外しの際もカッチリ決まるので安心。
高級感はあります(壊れるけど!)。

160601 (15)_
どちらもMicroUSBで充電できます。

朝4時から夕方9時まで連続使用できたので、インカムとしては丸一日以上保つということでしょう。
音楽を聞きながらとか、常時動かした場合はまだ試していないのでわかりません。

160601 (16)_
アンテナを伸ばす構造も同じという・・・
20Sはビン!と伸びるけど、FX8はのろーんもっさーという感じです。


使い比べてみて感じたことといえば、値段相応に質感が違うということくらい。
自分が使いたい用途では20Sのような高級機はいらないと思います。
・・・10年くらい壊れないならいいけど(まだ根に持ってる)。

仲間内でインカム使うときって、LINE通話かMessenger通話を使うことが殆どなのです。
インカム同士のBluetooth通信とは比ぶべくもなく劣化&遅延が発生するし、携帯が圏外になると切れてしまものの、必要十分なクオリティがあります。

はぐれても通話できるし、ツーリング解散しても全員インカム切るまで会話可能という不思議な使い方(これはちょっと面白かった)もできるのです。
こういう使い方をする分には、メーカーを揃えたり異種通信機能があるインカムを選ぶ必要はないわけです。

FX8とスマホをBluetoothで接続してナビ音声を聞けるだけでもすごく便利だったので、一人でもインカムを付ける価値はあると思いました。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

次のページ