晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

CC-01製作記 その9(完結)

何ヶ月もかかってようやく完成したCC-01ランクルのテスト走行の様子です。
雨が降ってたけど走らせたかったので強行してしまいました(;´∀`)

150621 (1)
まずは小手調べに50mmくらいの段差を降りてみるテスト。
100Tクローリングモーターの威力は絶大です。
スーパーロー並の扱いやすさ!

150621 (2)
色んな所から眺めてみましたが、底付きはしていません。
サスもしっかり動いて4輪すべて接地しています。

150621 (4)
フロントにつづいてリアも難なく接地。
・・・カッコいいかもしれない。

150621 (3)
反対側から見たところ。
ギリギリ普通のクルマっぽく見える稼働範囲?

150621 (5)
タイヤも思ったより食いついてくれます。

150621 (6)
不整地がこんなに似合う車も、ランクルならではかと。
ちっちゃくなって乗り込んで運転したい。

150621 (7)
ならば正面から堂々と超えてみせよう!
と無理を承知で挑みます。

150621 (8)
タイヤが食いつくのを確認しながら慎重にアクセルを操作していきます。

150621 (9)
超えた!
少しだけ空転してリアタイヤのお世話になりました。
正面からだとさすがにきつかったみたい。

150621 (10)
ではバックではどうでしょう?

150621 (11)
こちらは余裕で乗ることができました。
ハンドルを操作できるのと、重心の関係もあるかなと思います。

150621 (12)
斜め、しかも鋭角からの挑戦。

150621 (13)
タイヤさえ掛かれば・・・!

150621 (14)
イケる!

150621 (15)
フロントは食いついたので、リアも慎重に掛けます。

150621 (16)
サスのストロークはギリギリでした。

150621 (17)
あっけないほど難なくクリア。
クローリングという視点からすると大したことない段差ですが、スケールモデルとしてはとても楽しいです。
CR-01のコースは無理かもしれませんが、難易度が高いのでクリアの感動も大きく楽しめそうです。

150621 (18)
タイガーと比較。

150621 (19)
アテンザと比較。
小さな巨人の称号を手に入れた!(`・ω・´)ゞ

ということで雨の中の試運転でしたが、思った以上に楽しむことができました。
(ニヤニヤしつつ濡れながら写真を撮ってる姿は異様だったかもしれません)

ガンガン走らせない楽しみもあるんだってのは知ってましたが、実際やってみると思った以上に楽しかったです。
傍から見たらちょっとマニアックかもしれませんね・・・

あとはコース探し、かな?

スポンサーサイト

PageTop

CC-01製作記 その8

走らせて遊ぶことが少ないので、なかなか進まないCC-01製作記です。
たぶんもう少しで完成のはず・・・!

ぶっちゃけ、完成させてしまうと楽しみがなくなってしまうので置いてあるという方が正しいのかもしれませんが。
(楽しみ方が間違ってる気がしないでもない)

DSC00682_1024.jpg
まずはアンプのタミヤコネクターをディーンズタイプに交換します。
ホムセンで990円だった万力が活躍。

今までガムテ貼り付けとか100均のプラスチック万力で苦労してたけど、あっさり(&綺麗に)ハンダ付けできました。
工作には工具が必要なんだなと実感しました。

DSC00685_1024.jpg
LEDユニットへ供給する電源の線に、ワッシャーを括りつけました。
より線の部分だけ外れ防止に軽くハンダを盛ります。

DSC00684_1024.jpg
こちらはバッテリーから分岐させたLED用電源にスイッチをつけたところ。
電源入れっぱなしは良くない構造にするので付けました。

DSC00686_1024.jpg
ボディ天井にLEDユニット取り付け。
両面テープと補修テープで整線してますが、ワッシャーを貼り付けた部分には電気を通したいのでアルミ製にしました。

DSC00687_1024.jpg
ボディを支えるポスト部分に、バッテリーから引いてきた線とスプリングをかぶせます。
ピンはキットの流用で、こちらにも少しハンダを盛りました(ピンが外せる位置に)。

DSC00688_1024.jpg
電源の極性を間違えていないか、テスターで確認中。
高校生の頃に実習で製作したテスター、20年以上経ちますが問題なく使えています。
人間の目には見えない電気を可視化してくれるという意味では、とても便利なアイテムだと思います。

DSC00689_1024.jpg
先ほどLEDユニットを載せたボディをかぶせると、スプリングの先端とワッシャーが接触して電気が流れるようになります。
要は、LEDの配線を気にせずボディとシャーシを手軽に分離できるようにしたかったということで。
ただしスプリングには常時電気が流れているので、事故防止用にスイッチを入り切りします。

DSC00690_1024.jpg
テールライトが点きました。
こういう車両だと存在感が際立っていい感じに見えます。

DSC00691_1024.jpg
ヘッドライト。
ためしに暗いところで走らせたら結構明るく照らしてくれました。
ただ、ランクル40という車体に白いライトは似合わないので、そのうち暖色系のLEDに変えようかと思っています。

DSC00692_1024.jpg
横から。
あえてホイールを塗らないでそのままにしてますが、あまり違和感なくて良かったです。

DSC00693_1024.jpg
リビングで走らせてたら猫が逃げて行きました。
高所に陣取って警戒中の模様。

DSC00694_1024.jpg
睡蓮鉢の下で。
緑と雨が似合うぜ!

というわけで、とりあえず車体は無事に完成しました。
このあと雨の中さんざん走らせて遊んだので、次回その様子を日記にして製作記は完了です。

PageTop

CC-01製作記 その7

またも前回の製作記から間が空いてしまった・・・

秋の夜長を利用してボディ作成と目論んでいたものの、漫画読んでたりゲームやってたりしたのでなかなか進みませんでした。
とりあえずボディは完成したのであと少しで走らせられるようになります!

DSC00671_1024.jpg
窓とルーフの部分にマスキングテープを貼りました。
車体が大きいのと、平面部分が多いので楽かなーと思っていたのですが、実はルーフの部分が難しくて少しずれてしまいました。

DSC00672_1024.jpg
70の色を探したけどなかったので濃い目の青で塗装。
なかなか似合ってる気がするので一安心です。
ルーフは白にしました。

DSC00674_1024.jpg
キットに付属していたLEDライトの取り付け。
両面テープで付けてますが、今まで剥がれたことはないです。

DSC00673_1024.jpg
デカールも一通り貼り付けました。
糊で転写しなくて済む分、一枚一枚切り取らなければならないのもボディ製作の楽しみなんでしょうかね(^o^;)

DSC00675_1024.jpg
CC-01を制作した方はこの出っ張りを取っちゃうみたいなんですが、アニマルガードとか付かなくなりそうだったので残すことにしました。


DSC00677_1024.jpg
そんな目立たないし。

DSC00679_1024.jpg
バンパーとガードを付けてみました。
これがあるせいで超えられない、という場合はこのクルマじゃ超えられないってことで。

DSC00680_1024.jpg
実車はどうなってるんでしょうね。
ラジコンとはいえ市販車の匂いを残した状態で遊びたいので、こっちの方が逆にいいんじゃないかと思いました。

次回はLEDの配線加工をしてみようと思います。
週末の連休を使って何とか・・・

PageTop

CC-01製作記 その6

このところネットゲームのアップデートが重なったり(World of Tanksとかドラクエ10とか)
断れないお付き合いがあって疲労困憊になったり(お見合いとか)

World of Tanksは戦車のディテールを見るのが好きで(特に日本&ドイツ車)やってるんですが、下手くそなのでやられる率が6割という雑魚プレイヤー(敵からしたら経験値プレイヤー)です。
1回だけマウス投げて壊しました(´ε` )。

ドラクエ10は基本ソロなので(周りのプレイヤーさんが10代~20代なので絡みづらい)クエスト消化で移動を繰り返すだけの作業ゲームになってます。
せっかくギルドに誘ってもらったので、消息不明にならない程度にログインしてる状況。


やればやるほどストレスが貯まるゲームをやり続けるってどうなんだろ・・・お坊さんみたいに達観できたらいいのに・・・


ナドナド、ストレスを溜める日々を過ごしてあまりやる気のでない日常だったのですが
車の洗車をしてみたり、バイクに乗ってみたり少しずつ自分を取り戻してました(;´Д`)

ようやく気力が戻ってきたので、すっかりホコリまみれで部屋の隅に積まれていたCC01を机の上に広げたところから再開します。
すげえ長いネタ振りですんません。

DSC00624_1024.jpg
両面テープが着いてたけど縦に貼らないとダメだったので、1個づつ切っている所。

クローラーはCR-01の経験から重心を下げたほうがやりやすいので、タイヤに重りを埋め込みます。
釣具屋さんの鉛バーを巻いても良かったんですが(ソッチのほうがやりやすいと思う)、通販ついでに購入した重りを使ってみます。

DSC00625_1024.jpg
まずは一周巻いてみます。
何とか均等に収まったみたい。

DSC00626_1024.jpg
2周分、80グラムの重りをリヤタイヤに巻きました。

DSC00627_1024.jpg
重りが結構はみ出してるけど嵌まるかな?

DSC00628_1024.jpg
と心配してたけどさっくり嵌めこみ完了。
一応わかるように80と書いておきます。

DSC00629_1024.jpg
重心が軽くなるフロントにはやや多めの100グラムをセット。

DSC00630_1024.jpg
タミヤの接着剤を切らしていたので、100均で買ってきた瞬間接着剤を塗って完成。
乾くまでそっとしておきましょう。

DSC00631_1024.jpg
電装部品の仮付けをしていたら、道具箱から面白いものを発見。
FM時代に使っていたステルス取り付けができるアンテナを見つけました。

DSC00633_1024.jpg
ボディの外にアンテナを出したくなかったので、悩んだすえにリアのホイールハウスの間に立てました。
車体が大きいので簡単に収まりました。

DSC00634_1024.jpg
さくっと配線を取り回し。シャーシがでかいと楽ですね。
川渡りとかはしないので、防水処理はしていません。

DSC00636_1024.jpg
あっΣ(゚Д゚)
バッテリーのコネクタ形状が違う・・・

そう、今回買ったアンプのコネクタと、手持ちのリポバッテリーのコネクタが違うんです。
めんどくさいけどコネクタ交換作業しなければ。

DSC00637_1024.jpg
足回りチェックと走行テストは、1個だけ転がってた中華戦車ラジコンのニッカドバッテリーで何とかできました。

次はいちばんめんどくさいボディ加工が待っている(←後ろ向き)
いや、楽しいボディ製作のお時間です!

PageTop

CC-01製作記 その5

CC-01製作記もようやく5回目。

このところ仕事が忙しくて、平日は仕事してwotの星消化やって寝るだけの毎日です。
なかなかラジコンを机の上に広げて作業する気になれなくて、10日ぶりにようやく組み立ての続きをすることができました。

DSC00605_1024.jpg
折れたピローボールはネットで探したけどよさげな物が見つからなかったので、とりあえず放置して次の工程へ進みます。
ドライブシャフトを取り付け。
シャーシがラダーフレームになってるのもいいけど、シャフトむき出しが実車みたいでカッコイイわぁ(*´∀`*)

DSC00607_1024.jpg
フロントの足回りを組み立てます。
電動ドライバーを使うとぜんぜん疲れない&あっという間に組み上がってしまうのですが、一度使うと便利すぎて手放せません。

DSC00608_1024.jpg
仮組みして動かしてみたら、なんか当たる箇所があったのでリューターで削ってしまいました。
あとで調べてみたら、足を動かすために削る人が多いみたいで一安心。

DSC00619_1024.jpg
ユニバーサルジョイントを組み立てます。
社外のが欲しかったんですが、売り切れだったので純正オプションを付けました。

DSC00620_1024.jpg
折れたピローボールの代わりに長いネジを付けてみました。
ダブルナットで締めて仮動作させたところ、意外といい感じで動いてます。
高速走行しないCC-01なら、これで何とかなりそうです。

DSC00621_1024.jpg
手持ちがあったので、欲を出してもうちょっとネジを長くしてみることに・・・。

DSC00623_1024.jpg
左がピローボール、右がネジで代用したリアサスリンク。
若干釣り合いが取れてないのは伸び側だからタブン大丈夫┐(´∀`)┌ヤレヤレ

次はタイヤを組み立てようとおもったのですが、瞬間接着剤を切らしていたのでまた次回。
遅々として進まねえぜ(;´Д`)

PageTop