晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

トランザルプ故障

100703

購入1年、走行3000キロのトランザルプが故障しました。

こんな雨の日に限ってバイク通勤して、帰り道の出来事です。
(結果としては、故障の要因になったわけですが)

以前からときどき出ていた、原因不明のエンスト現象。
V型エンジン特有のものだと思っていたのですが、それはそれでまた別の原因も重なっていたようです。

帰り道、市街地の渋滞でアイドリングが波打つようになり……アクセルを煽っても回転数が戻らず、続けてエンストしてしまうようになりました。
交差点での低速旋回中にエンストしそうになって、焦りつつごまかしつつ数十メートル走ったものの、ついにマフラーから異臭がするに至って停止。

水温計が110℃とかやばい状態になっていたので、オーバーヒートか!?
と思いつつ水冷エンジンで異常もないのにオーバーヒートなんてやってられるかと不安になりつつ路肩に停めました。

水温が70℃まで下がったのを見計らって再度セルを回すも現象変わらず。
燃料計が壊れてガス欠かな?と思ってタンクを揺らすとチャポチャポ音がするのでこちらも問題なさそう。
諦めてレッドバロンに電話しました。
工場で調べたところ、意外なところに普通のトラブルが出てきました。

「プラグキャップの絶縁不良による失火」

もともとリーク気味だったものが、この雨の日走行で湿気を含んで騙せなくなったようですね。
外見はまったく異常なしで、傍目には全然わかりませんでした。
レッドバロンネットワークで同型車による同一トラブルの”頻発”例があったらしく、予備品と交換したらあっけなく治ってしまいました。

しかも、なんかバイク軽いし。
今までかろうじて火花が飛んでたけど、片肺に近かったのかもしれません。
400Vのときにも電気系統が弱くて片肺になってなかったか、このバイク。
点火系統が弱いのは遺伝なんだろうか……。

今は応急処置で非・純正品を付けてもらって帰宅したんですが、純正品が届き次第交換してくれるらしいです。

9月に予定している北海道ツーリング中じゃなくて良かったです。
スポンサーサイト

FC2Ad