FC2ブログ

晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

焚き火台

そういえばバイクと家づくりとクルマ以外に趣味ってあったっけかな?
ということであまり日記に書いてこなかったキャンプについて。

・・・ネタ切れとか言わないし(>ω<)。

世の中covid-19とかいう怖いウィルスが発生しております。
三密禁止とか言われ始めたくらいの頃、

「じゃあ人がいない空気のきれいなところだったらいいんじゃね?」

的にキャンプブームが起きているとかそうでないとか・・・
すでに緊急事態宣言が発令されて、多くのキャンプ場や登山口も閉鎖されているようです。
罹患するのが怖いからじゃなくて、誰かにうつしてしまうのが怖いってことだと思うんですけどね。

なので、現在は外に出ないで家の中でなにかできないか試行錯誤しながら過ごしています。
(・・・事故の怪我が治ってないからどこにもいけないってのもありますが)

今回は、手持ちの焚き火台をちょっと改造してみたという日記。

200104 (1)_1024
今回使うのはこれ。
キャプテンスタッグのUG-42 カマド スマートグリル B5型という焚き火台にも使えるグリルです。

二周りくらい小さいB6のタイプもあるのですが、お店で現物をみて小さすぎるかなーと思ったのでB5にしています。
焚き火とか余裕のある火力(火の管理をズボラにできる)を考えるとB5の方がオススメです。

何度か使ってみて欠点に気づいたので、ちょっと改造してみます。
手前の開口部が大きいので火の管理は楽なのですが、風が強かったり気温が寒いと中の薪や炭が冷えて消えてしまうんです。
(着火剤すら消えるというすごい現象に遭遇してしまいました)

200104 (3)_1024
ホームセンターで部品を調達してきました。

・木枠を固定するための板(亜鉛メッキっぽい)
・ステンレス丁番
・ステンレストラスネジ

総額500円くらい。

200104 (4)_1024
防風版と薪の置き台を兼ねた板、これの左右に切り込みをいれます。

200104 (5)_1024
左右両方に切れ込みを入れます。
この切れ込み分の部分を使って板を縦方向に固定することになります。

200104 (6)_1024
丁番をつけました。
無くてもいいかもしれませんが、開けておきたいときもあるので・・・。

200104 (8)_1024
仮止めしてみたところ。
思ったより板が垂れてしまいました。
水平になる予定だったんだけどなあ。
これは丁番の位置で調整できるはず。

200104 (9)_1024
大きさの確認用に、子供の使っているじょうろを入れてみました。
このぐらいあると、B6のグリルプレートやミニスキレットを乗せておきつつ串焼きができたりするのでとても便利です。

200104 (10)_1024
防風版として使いたいときは、板を立ててはめ込むようにします。
(先程入れた切れ込みをちょっと曲げて引っ掛けています)

200104 (11)_1024
すきまが40mmくらいしかないので、炭や薪を調整するときは網を外さなければなりません。
火ばさみ的なものがないと絶望してしまうかもですね!(←前回忘れた人)

200104 (12)_1024
切り込みと丁番をつけた以外は加工していないのに、サイズ的にもピッタリ。
いい板見つけたもんだなあ・・・

200104 (13)_1024
元通り畳んでしまうこともできました。
キャプテンスタッグの袋に、グリルプレートと一緒に仕舞っても余裕があります。
バイクでのツーリングキャンプに活躍してくれることでしょう。

200104 (14)_1024
100均で揃えたカトラリーと共に。
便利な世の中になりました。

後日談)
氷点下の吹きっさらしでも炭が完全に燃え尽きるまで消えることがなかったです。
人生初・吹雪いてる中でのキャンプだったのですが、暖をとることもできて本当に良かった・・・(;´Д`)
スポンサーサイト



次のページ