晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

夢の家づくり日記 2章 片瀬建設打合せ3+納得住宅工房 内覧会

家づくり計画をスタートさせてからというもの、週末は土地探しかハウスメーカーの打ち合わせが入るようになり、どこにも遊びに行っていません。
前にバイク乗ったのが2ヶ月前になろうとしています。
日付が変わるのは早いもんだ・・・。


今日は片瀬建設のモデルハウス見学に加えて、納得住宅工房というハウスメーカーの内覧会を見学してきました。
やる気のないレオハウスは除外するとして、現状検討しているハウスメーカーが少ないことに気づいたからです。


やる気の怪しい第一建設、

実はまだ中身を見たことがない片瀬建設、

第三の候補として友人の奥さんの勤め先から紹介したいと言われ続けていた、納得住宅工房。


並べてみるとずいぶん酷い言い草だなと思いました。


片瀬建設のショールームの隣に15坪ほどのモデルハウスが建っていて、今日はそこの見学です。
うっかりショールームへ行ってしまい、モデルハウスの前で待っていた営業Y氏をスルーしてしまいました。
一緒に行った両親いわく「あの人じゃないかと思っていた」・・・見えてるなら言ってほしい。

玄関からカードキーによる電子ロックが登場。
母親あたりはかなり気に入った様子だけど、これってオートロックで締め出し食らいそうなんだけど。
常に鍵を首からぶら下げておかないとダメかもしれない。
(とりあえず採用リストには入れておきました)

玄関は、高いタイルを使ったらツルツル滑って実用的じゃないというデザイン重視の造りになってました。
ここも参考にします。
「タイルは値段と見かけじゃなくて実用性で選ぶこと」

家の造りは尺モジュールなのでちょっと狭苦しい感じは否めないものの、白い壁を使っているのでそれほど圧迫感はありません。
間接照明やらなんやらで、結構色々な場所が光ってました。
ニッチの中に明かりとかいらないと思う。

15坪でも、リビングダイニングは20畳。かなり広く感じます。
このくらいはあると良いねえ~と家族で話しながら、対面型のキッチンを確認。
食器棚はなくて、食器引き出しがスッキリしていていい感じでした。
こういう造作については間取りじゃ表せないところなので、他のモデルハウスも参考にしたいところです。

営業Y氏からお風呂の説明を受けているうちに、両親は単独行動で2Fの見学に行っちゃいました。
戻ってくるのをしばらく待ってから浴槽やその他タイル色などをチェック。
1618のバスルームにする予定でしたが、広めがいいということで1818になりそうです。

脱衣所兼ランドリールームは2畳を確保して、暖房乾燥機を設置することに。
両親のためと言いつつ、冬の寒さがキツくなってきた自分用でもあります。

キッチンと洗面、トイレ、バスルームは何十年も使うことになるので、できるだけ良いものを採用したいです。
※ちなみにトイレは使用可能とのことでしたが、使う人はいないみたいです。


両親が飽きてきたようで微妙な空気になってきたので、今日は珍しく早めに終了。
(と言っても1時間くらい経ってますが)
久しぶりに家族総出のお昼ごはんを食べて、納得住宅工房の内覧会を見に行きました。


納得住宅工房という会社は、体にやさしい自然素材を使用した在来工法の造りが特徴のようです。
紹介してもらってからどんな会社なのか調べたのですが、分かってたら断ったかもしれないと少し後悔しました。

使っているのは集成材ではなく国産の天龍ヒノキであるとか、壁は薩摩壁(漆喰)であるとか、

「自慢の台所は御影石をつかった一点造作ものです!(ドヤ)」

これはもう

「でもお値段高いんでしょ?」

というパターンしか思い浮かばない・・・(汗)。
内覧会で見た家も、瀟洒な造りで今まで見てきたものとはちょっと違うみたい。

施主さんの趣味が色んな所に散りばめられていました。
中でもニッチにアクリル板を嵌めてミニチュアコレクションを飾ってあるのはいいなあと。
これは採用させていただきます。

流しと洗面台はタイルで造作してありました。レトロとモダンな雰囲気が組み合わさってかっこいいですね。
お手入れが大変そうなので、この辺は見送りかもしれない。

お風呂は普通のユニットバスでした。こだわりがここだけないのは何故・・・。

一通り見学した後、営業S氏に納得住宅工房の造りとか得意なところを聞かせてもらいました。
(両親はすでに見終わって飽きたのか外の車へ帰ってました)

在来工法だけど制振装置(耐震装置?)によって耐震性はクリアしていること、断熱材は最新のセルロースファイバー方式を使用していることなど(ZEH適合も可能らしい)。
建築後の保証については聞きませんでしたが、見積もり取ってからでも遅くないなと。

たぶん予算が合わないだろうなと思ったのですが、一応こんな家を作りたいよって内容をまとめた紙を渡して検討してもらうことにしました。
いったいいくらの見積もりがくるんだろうと心配です。

アンケートの紙に書いた予算を土地込みです、って補足したら目に見えてトーンダウンしてた気がするし。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/112-846b2a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad