晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

タイガー ツールボックス取り付け

タイガーの電装品カスタムも一通り済んでもうやることないなと思っていたんですが、今度はツールボックスを付けたいなと思うようになりました。

バイクに乗っていて怖いのは道に迷う事、事故、ガス欠、故障といったところだと思うのですが、故障以外は気をつけていればなんとかなる感じ(あとは運次第)。
故障に関しては致命的なものは普段の整備である程度カバーできるはずなのですが、パンクしたらどうしようもありません。

いままで20年ほどバイクに乗っていて、一度もパンクしたことがないという強運ぶりなのですが、おかげでパンクしても修理できないライダーになってしまいました。
しかもタイガーって前後チューブレスじゃないんですよね。

出かける時はいつもホルツのパンク修理材を荷物に入れてました。
でもコレ、意外にかさばるしお散歩に持っていくには大きすぎる。
何とかしたいなーと思ってた訳です。

そんなときに、ちょっとしたお散歩ツーリングに出た所お土産を買う機会がありました。
リアシートにお土産を置いて、シート下に入れておいたツーリングネットを被せたんですが・・・

ゴムが劣化してただのヒモになってました(´・ω・`)

エンジンの熱とかで劣化してしまうんでしょうね。

今までのバイクでも度々起きてたけど、その都度記憶の彼方に捨て去ってたんです。
買って2~3回使ってダメにしてまた買う、の繰り返し。
ツールケースを付けることを決心した瞬間です。

161210 (1)
それからはめぼしいものを色々探したのですが、すぐ壊れるモノは嫌だったのでなかなか良いものが見つかりませんでした。

セローのツールケースだと小さいし、ホムセンのアルミケースはすぐに壊れそう。
ちゃんとしたケースは高すぎて買えないし・・・と思っていたところに見つけたのがコレ。
アメリカの軍用品でペリカンケースという箱らしいです。
耐久性、防水性もあって中の圧力まで調整してくれるバルブ付きです。

161210 (2)
取り付け場所はマフラーの反対側。左側面にしました。
サイドパニアを付ける気はないので、ちょうどいい感じです。

純正のサイドパニア用の穴を使用して取り付けます。

161210 (3)
2mmのステンレス板をちょいちょい加工してステーを作りました。
厚紙で現物合わせして寸法出ししたので図面が残っていないのが適当な所です(;^ω^)

161210 (4)
仮止めして様子を見ます。
パニア用の穴をメインに、横方向のブレを抑えるため、斜めのフレームにもネジ止めして3点でガッシリ取り付けました。

161210 (5)
車体側は鉄なので力いっぱい締めておけば緩まなさそうですが、箱の方が樹脂で締めれば締めるほど回ってしまったので、たくさん余っていたラジコン用のネジ止め剤を使って緩み止めしました。

161210 (6)
仮止めで箱を付けた所。
ちょっと開きすぎるので蓋にヒモでも付けようかな・・・

161210 (7)
取り付け完了。
大きすぎず小さすぎず、コンパクトに纏まりました。

161210 (8)
真上から。
タンデムで跨っても当たりません。

161210 (9)
後ろから。
黒い箱を使ったので目立たなくていい感じになりました。

この中に入れたもの
・ホルツ バイク用パンク修理剤
・ツーリングネットM
・ヒモ
・応急工具

詰め込めばもう少し入るかな?くらいですね。
大きめのケースを付ければ十分パニアケース代わりになると思います。
耐久性に関しては今後使ってみないとわかりません。

パンク修理剤も常備できて、結構満足な出来になりました。
スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/117-997fd38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad