晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

夢の家づくり日記 第三章 土地決定までの道のり その3

ようやく土地交渉に入ったものの、信頼できるプロに任せたまま数週間。
粘り強い交渉と根回し?があったようで、無事に成立したとの連絡をもらいました。

「おおお、やっとここまで来たよ!(゚∀゚)」

と相変わらず両親へ報告するのは忘れません。
しかし、ある意味もう後へは引けなくなったことも事実。
不動産の担当者からも、

「”やっぱやめた”はやらないでくださいね」

という念押しをいただきました。
というか、この段階でバックレる人がいるってことですよね・・・
日本人の常識って恐ろしいわ・・・

ちなみに自分の住んでいる地域では不動産の横のつながりが強いそうで、義理を欠いたことをするとすぐに広まるので次がやりにくくなるみたいです。
(とオブラートに包んだ言い方をしましたが、実際はもっと厳しいみたい)

というわけで
夢の家づくりもようやく本編に入ることができそうです。
今まで身動きが取りづらかった事柄も本格的に動くことができるので忙しくなると思います。


○おまけ

土地はココだ!というのが見定まったので、こんなこともあろうかと予め用意していた間取りプランを詰めていくことにしました。

いままで様々な間取りを考えてきたのですが、一貫して必要なものはバイクのインナーガレージ、という希望は譲ることはできません。
離れになって孤立するのは嫌だったので、できるだけ家族の動線に近い所に配置したい、それでいて外へのアクセスに便利になるように作っていきたいと思います。

1F内訳
・インナーガレージ(自分の部屋)
・開放感のあるLDK、パントリー付き
・両親の部屋(将来は自分たちの部屋)
・猫様の住まうテラス

2F内訳
・夫婦の寝室(ウォークインクローゼット付き)
・子供部屋(将来を見据えて2人用)
・セカンドリビングぽいもの

以上の内容を盛り込んだ上で、

「延べ床面積を46坪以下にする」

のが目標です。
マイホームデザイナーで自由においていくと、あっという間に50坪を超えてしまうんですよね・・・
坪単価60万とすると50坪ですでに3000万というとてつもない大金になってしまいます。

ちなみに外構とかみんな引っくるめている予算なので、坪単価とは言わないですね。
その辺も今後調整して行かなければならないでしょう。

土地のときもそうだったけど、金銭の見通しが甘すぎますね、自分。
会社から帰って、家のパソコンでエクセルにポチポチと入力しながら青ざめてました。
夢がパンパンに詰まって大きくなりすぎた家をなんとか小さくするしかありません。
故に、46坪を目指して発進となりました。

170401.jpg
1Fの様子。たたき台で作ってみたのでまだまだツッコミどころが多いです。

・陽の入らないリビングが不満の種
・あと書斎とガレージが分離してる
・異様にでかいパントリー
・狭い両親の居室

170401 (2)
2Fはこんな感じ。

・テラスの使い道あるか確認
・ホールが単なる幅広の廊下(ただし壁全面本棚にする予定でした)

この頃描いていたプランはこんな感じです。
今見るとまとまってないなーと思う所が多々ありますが、パズルのように組み合わせて行く作業が面白かったです。
うまく全部の部屋がハマっても、動線はめちゃくちゃだし使い勝手が想定と異なるし、まとまらずに大変でした。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/134-f1583083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad