晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

夢の家づくり日記 第四章 住宅設計 照明プランニングしてきました

前回までの打合せで劇的な間取り変更が出ましたが、実はまだ土地が決まった段階なんですよね・・・。

これからさあ間取りの打合せだ!
となるはずが、既にほとんど決定稿が出て終わっているという状態。
そりゃ毎週二時間以上打合せしてればそのぐらい煮詰まるわな(´・ω・`)

ちょっと勘違いしていたのですが、土地から購入それもお金を借りてとなると、不動産の手続きから家の着工開始まで1ヶ月少々しかないみたいです。
そのわずかな期間で間取りや設備を決めていかなければならないとなると、かなりのハードスケジュールだなーと思いました。

自分の場合、ネットで情報収集ということで家を建てた人達のブログを大いに参考にしているのですが、その辺の話題があまりなかったので以外な落とし穴なんじゃないかと思います。
こだわりや夢があるという人は、やはり自分自身で事前・最中に動くことが大事になってきます。
ただでさえ大変な打合せを、時間の制約がある中で煮詰めていくのはホントに大変なので・・・。

ともあれ、間取りの方もこれで落ち着くだろうということで照明の検討に入ります。
照明はパナソニック・コイズミ・オーデリック・東芝など様々なメーカーがありますが、値段が大して変わらないので信頼度でパナソニックを選ぶことにしました。
どのみちコンセントやスイッチはパナソニック一択なので、合わせたほうがいいんじゃなかろうかと。

ただ、各社とも商品の数が多すぎて何を選んだらいいのかサッパリわかりません。
試しにパナソニックの住宅照明カタログを取り寄せたら、4cmくらいあるズッシリしたものが届きました。
職業柄カタログや取説を見るのは慣れてるのですが、センスが要求される分野ではまったく歯が立ちません(´・ω・`)

悩んだ末、プロに教えてもらおうということでパナソニックショールーム東京に予約を入れました。
この大きなショールームは色々なシチュエーション毎の部屋があって様々な検討ができるので、お勧めの場所です。
高速道路で東京に向かったものの、渋滞でサービスエリアになかなか入れず走りっぱなしで首都高へ。
ところがコレが大きな判断ミスで、さらに首都高は渋滞していました。

「お、おしっこ漏れそう(´゚д゚`)」

カーナビの「目的地まであと20分」の文字がいくら経っても短くなりません。
下っ腹がパンパンになってもうあかんとなった頃に、ようやくショールームがあるビルに到着しました。
が、こんなときに道路工事やってて入れないとか!

神 の 試 練 か !(`・ω・´)

迂回路をグルグル周って、さらに地下駐車場をグルグルまわって、丁寧な誘導をしてくれる係員さんにイライラしながら、前かがみに小走りにショールームへ飛び込みました。

総合案内の人が挨拶をしようとした瞬間直角に進路変更してトイレへダッシュ・・・。
なんとか間に合いました(^_^;)
(東京ではコンビニでトイレとか気軽に行けないので、私みたいに田舎から出ていく人は注意しましょう)

スッキリしたところで改めて総合案内へ行くと、30分ほど遅刻したものの予約はまだ取れているということでした。
そしてなんと、既に担当者が決まっているとのこと・・・
てっきりその時間に空いてる誰かが適当に相手してくれるのかなと思っていたのですが、以外に丁寧な段取りがされていたのでした。待たせてゴメンナサイ。

*「お待たせしました」
自「えっ、あ、いやこちらこそ(30分も)遅れてスイマセン」
*「いえいえ、大丈夫でございます」

教育されているなあ・・・
そして目が合うと営業スマイルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
0.5秒くらいでスパッと無表情から笑顔に切り替わる様は、中国雑技団の人が踊りながらお面をスパッと切り替えるのと何となく似ているなと余分なことを考えていました。

自「(笑顔の訓練でもしてるんだろうか)」
*「本日のご案内をさせていただきます、Aと申します。よろしくお願いいたします」

三十、じゃなくてベテラン一歩手前、慣れた感じのクールビューティーが今日の担当のようです。
(今思うと第一印象と中身が全く違うという節穴的印象)

ショールームを円滑に利用するために、間取りの図面を元に打合せをします。
家具をどのように配置するかも書き込んできました。

さすがにまだ片瀬建設の営業Y氏からは図面が来ていなかったので、マイホームデザイナーで書いた間取りに使い方やコメントを書き込んだもの、プランが書き込みやすいように間取りだけのスッキリしたものを渡しました。
この図面を元に打合せをしたので、ショールームを検討している方は必須のアイテムだと思います。
(漠然としたプランだとまとまるものもまとまらないですから)

そこからはシミュレーションルームのようなものを周って、配光や明るさ、スポットライトと拡散ライトの違い、色あいなどを比べながら確認していきました。
特に寝室・リビング・ダイニングは大きく雰囲気が変わるので、念入りに時間をかけて何度も確認しながら照明を選んでいきました。

他にも外構・玄関・廊下・収納、ほとんどのシチュエーションが確認できるので、現場で物を見比べているような打ち合わせができました。
これは普通のショールームにはない大きな特徴だと思います。

暗室化してセンサーライトの確認ができたりするのでつい廊下に追加してしまったり(;´Д`)

ほとんどのお客さんが気にしているのでしょうけど、Aさんもまず価格を念頭に置いて選んでくれるので、何も言わずに気分良く頷きながら進めることができました。
うちの場合はダウンライトを多用してメインの部屋に調光と色変更を追加していくような感じになりそうです。

ただ、一貫して感じたのはパナソニックってデザインセンスないなってことですかね(´・ω・`)
もうちょっと恰好よくしてくれんかなーって思う器具が多かったです。
どう見てもダサいデザインの上に、ちょっと見る角度を変えるだけで残念な裏側が丸見えなデザインで凄く高い値段がついてるのはおかしいと思います。

あと見えるところにパナソニックのシール貼るのはやめて欲しい・・・松下電工の方がまだカッコイイ。

そんな感じで進めていて玄関などに付ける壁灯を見て回ってた時のこと。
他のお客さんの後ろ側を通りながらいろんな照明が付いた壁の前に移動しました。
Aさんも自分も照明を見ながら近づいていた瞬間。


A「こちらになりま・・・」

ンゴスッ

「オフゥ(`*ω*´)」

どうやら下の方に出っ張っていた鉄の装飾に足をぶつけたみたいです。
高さからして向こう脛をまともにぶつけた様子・・・

自「だ、大丈夫ですか(´・ω・`)?」

Aさん「いたい(;ω;)だ、大丈夫です。いたい(=o=;)だいじょうぶ」

自「(ぜんぜん大丈夫じゃなさそう━━━━(゚∀゚;)━━━━ッ!!)」


やべえこの人面白い(;´Д`)クールビューティーどこ行った・・・
多少緊張して真面目に話を聞いていたのが一気にリラックスムードになってしまいました。
そして肝心の玄関灯選定を忘れるという。
ちなみに玄関灯はダウンライトにしようと思っていたので、そのままで行きます。
(だって壁灯高いし)


ちなみにショールームなので、他のお客さんもたくさん来てました。
主に夫婦やカップルで来ている人が多かったですね。
先に来ていた夫婦が打合せしている部屋でガンガン照明変えて暗くしたり明るくしたり、ちょっと申し訳なかったです。
その夫婦担当の説明員のお姉さんが何か言いたそうにしてましたが、完全スルーで説明してくれました。

Aさん、空気を読まないのかコレデイイノか見方にすると頼もしい人なのか・・・

ちなみに先に来ていた夫婦、
奥さんの方がかなり強く突っ込みや質問を繰り返していて、白熱した議論を戦わせている間、旦那や娘は居眠りしてました。
チラ聞きした内容は結構どうでもいい感じの会話でした(おい)。

一回り周って元の所へ返ってくると、まとめと確認を一通り。


A「インナーテラスって猫ちゃんの部屋なんですか?」
自「そうなんです、たくさん飼ってまして・・・」
A「いいですねえ~(*´∀`)」


最後にスマホに入っていた猫の写真を見ながらインナーテラスの打合せを行いました(・∀・)
猫好きに垣根はいりませんね!
というかAさん面白くていい人でした。
後日プランの清書が送られてくるみたいなので、楽しみに待とうと思います。

今回のショールーム訪問は大満足。
オシャレなデザインの明かりよりも、雰囲気と配光をきっちり出せる選定ができたので、行ってよかったと思います。

プラン変更や再検討がある場合は引き続き対応してもらえるそうなので、その後のフォローもしてもらえるということですね。
東京はちょっと遠いので行けないと思いますが、近所だったら何度か通って確認してもいいかと思いました。

ところが後日、非常に残念なことが発覚します。
仕方がない事ですが、世知辛い世の中だとおもうんです(次回に続く)。

○おまけ
ようやく自分のものになった草ぼうぼうの土地を家族総出で見学してきました。
170514 (1)
右端に写っているのはうちの父親ですね(^_^)
一番近い隣家との境にはまっすぐにコンクリートの壁が通っているので、土地でもめることは無さそうです。
ずいぶん大きくなったキンカンの木と梅の木が植わっています。

170514 (2)
真ん中の大きな木がある辺りまでがうちの土地です。
以前見に来た時はもう少し草が少なかったんですが、この日は腿の所まで生い茂っていました。
入ろうと思ったけどダニがいると嫌なので遠巻きに写真を撮りました。

170514 (3)
税金対策に植えたんだろうけど、ずいぶん大きな木になってますね。
最初は桜かと勘違いしていたのですが、違う木でした。

170514 (4)
こちらもかなりの大きさの柑橘系の木が生い茂っています。
手入れしていないので食べても美味しく無さそうです。

これらを伐採して整地するのにかかるお金が100マン以上なんですよ・・・農地転用恐るべし(~O~;)
他にも水道の引き込みやドブのある境に擁壁を作る工事、税金やらなんやらで土地の金額とは別に500万弱が追加されるという予想外の出費が本当に痛かったです。
お陰で間取り以外でやりたかったことがほとんどNGになってしまいました。

まだこれからインテリアや外装、外構のプランも打合せなければならないのに既に予算を超えているので、頭が痛いです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/139-eb03c824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad