晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

夢の家づくり日記 第五章 地鎮祭

唐突ですが前々回で第四章は終了です。
第四章の構成は、家造りの設計編について書くつもりでいました。

というのも、本来なら土地が決まってさあ設計だ!となるはずなんですね(片瀬建設の家造り流れ図によると)。

ところが営業Y氏との多数のやり取りの結果、すでに土地が決まる前に間取りや設備の選定が終了していたので確認だけで終わってしまったのでした。
あとは自分を含めた家族があまりこだわりのない人たちだったので、壁紙や床板など普通の人がこだわって時間とお金をかけるところがすぐに終わってしまったという経過もあります。

家造りメインになるはずのインテリアコーディネーターの出番はあまりなかったという・・・
いままで決めていた仕様の再確認と、色の取り決めくらいです。
そして何をするにも追加でお金が発生するので打合せ時間があまり好きじゃありませんでした(^_^;)
お金のかからない追加要望は大抵NGになるという・・・。

何度も食らった必殺技 "ホショウガデキマセン”

経験済みリスクをとことん避けたがるのは、個人経営とも言えず大手とも言えない中堅ビルダーのデメリットでしょう。
ちなみに今回の日記は地鎮祭やってきたよという日記ですが、その時に会った現場監督さんにエアコンの取り付け指導してねって言ったらやっぱり必殺技を出されました。自分が仕事を休んで対応するしかありません。
片瀬建設の規定を聞かされる度に、今までの施主どんだけ身勝手な事してきたんだよ、と思わずにはいられません(´・ω・`)

さて気を取り直して、いよいよ実際の建築に入る第五章に突入です!
完成予定日の11/28までおよそ4ヶ月、頑張って日記にしていこうと思います。


170715 (11)
地鎮祭の様子。
神主さんの仕事ぶりがすごく真面目でちょっと違和感(おい)
後ろには初めて見た片瀬建設の支店長と、営業Y氏が並んで座っています。
現場監督さんはカメラマンやってます。

ゼロから土地を買って家を建てるって一生に一度経験したら多いほうかもしれませんね。
今住んでいる家でさえ、中古住宅を建て直したものなので。
父親が着いてきてくれたので多少心細さや緊張感とも開放された感じです。

170715 (17)
施主がえいえいえいって鎌を振るって草を刈る作業。
いきなり人前で声を出すって結構緊張しますよね。
そのあと土に鍬を入れるのは支店長さんがやってました。

この後は呼んだ神様に帰ってもらって神主さんに初穂料を渡して終了。
個人的には地鎮祭ってどうでも良かったんですが、どんなことやるんだろう?っていう好奇心からやってみました。
あとは建設系の会社って縁起を担ぐので、やってくれないと困ります、的なことを言われたのもありますが・・・。
(肝心の棟梁とかは来てない不思議)

170715 (47)
赤いヒモで縄張りがしてありました。
何もない状態でバイクを置いたりクルマを置いたりするととても広く感じる土地ですが、縄張りを見て歩くとそうでもないように見えます。
地鎮祭の前後でバタバタしてたのもあってじっくり見ませんでしたが、縄張りに沿って動線のシミュレーションをしてみればよかったかなと思いました。


170715 (49)
玄関の予定位置。
我が家で一番大きいクルマ、アテンザを入れてもギリギリ道路にはみ出さないスペースを確保しています。
こちらは道路からスロープにして水が溜まらないように仕上げる予定です。

地面の色が違うのは土の種類が違うからだと言っていました。
駐車場になるところは固くなる土が入るようです。

次はいよいよ基礎の着工。
会社を休んで見に行くからよろしく!と現場監督さんに伝えておきました。
休めるかどうかはわかりませんが、楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/143-72e544d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad