晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

2009九州日記 その4 広島

九州熊本から静岡へ帰る途中、立ち寄ったのが広島の町でした。
11/1の記録になります。
朝から広島の平和記念公園を散策し、呉にあるヤマトミュージアムへ行きました。
両方とも、思った以上のボリュームでした。

091101_001
原爆ドーム、正面から。
自分の目で見ると威圧感というか、物言わず語りかけてくるものがありました。

091101_002
説明文です。

091101_003
別の角度から。
周囲はぐるっとセンサーによって監視されています。
近づくと建物が解けている箇所があったりして、原爆の恐ろしさを実感させられます。

091101_005
人が入れない建物には、スズメや他の野鳥達が遊ぶ場所になっていました。
天空の城ラピュタを思い出しました・・・。

091101_009
原爆の子の像です。
被爆から10年して白血病で亡くなった女の子にまつわるものだそうです。
各地から寄せられた千羽鶴が、沢山飾られていました。

老婦人が黙って手を合わせているのを見て、胸が締め付けられるような思いになりました。

091101_010
慰霊碑です。

「安らかに眠ってください 過ちは繰返しませんから」

と書かれています。
ほとんどの人が写真を撮って去っていくのに対し、今時の格好をした若いカップルが黙って手を合わせていました。
驚くと同時に、日本もまだ捨てたものじゃないんだなと思いました。

日本人の日本人への贖罪だと思うのですが、極東軍事裁判に連合国側で参加したパール判事がコレを見て激怒したそうです。
真に頭を垂れるべきはアメリカではないのか、日本にだけ戦争の責任を押し付けて、原爆を落としたアメリカを正義と正当化するのはどうであるかと・・・。
考えは人によって色々あると思うのですが、自分なりに考えてみようと思います。

この後平和記念館にも行きました。
普通の博物館とは明らかに雰囲気が違っていて、訪れた人は皆熱心に展示物を見て文章を読んでいました。
流して見る人がほとんどいなかったのが印象的でした。

091101_012
平和記念公園で午前中いっぱいを過ごした後、呉にやってきました。
一度見てみたかった大和ミュージアムです。

091101_019
船舶用ディーゼルエンジンのピストンバルブ。
1m以上あってビックリ!
シリンダーの大きさがとてつもない大きなエンジンなんでしょうね。

091101_020
特殊潜航艇、つまり特攻潜水艦「海龍」です。
魚雷を左右に抱え、本体にも先頭に600kg炸薬が装填されています。
こんな兵器を考えて量産してしまった時代、みんな平常ではなかったのかもしれません・・・。

091101_022
零式戦闘機、62型。
とてもきれいな形で保存されていました。

091101_027
戦艦大和の主砲弾。
徹甲弾と三式弾とあと何だろう?忘れてしまいました。

091101_029
大和の模型です。
実際の造船所が作ったみたいです。
カッコいいなあ・・・

091101_030
こちらは大和ミュージアムの向かいにある、海上自衛隊資料館の潜水艦あきしおです。
大和ミュージアムのテラスから見ることができます。

091101_031
現役艦をここまで持ってきて展示用にしたようです。
排水量5500トンというと小さく感じるけど、実際はとてつもなく大きな艦でした。
72000トンの戦艦大和なんて、想像もつきません。

一日かけて、平和記念公園と大和ミュージアムを見学しました。
本当は午前中くらいで引き上げて姫路城へ寄りつつ帰るつもりだったんですが、思った以上に面白いというか興味を惹かれて、一日滞在することになりました。

戦争の悲惨さを後世に伝える平和記念公園、海のロマンを伝えるヤマトミュージアム、この二つが同じ県にあるという不思議さも感じます。
(違和感がないところもすごい)
また、広島の町は想像以上に栄えていて、少なからず驚いてしまいました。
東京や大阪の町と比較しても遜色ないくらいの大都市でした。

日本の中ですら知らないことや見たことの無い場所がいっぱい、旅は尽きません。
次はどこへ行こうかな?とワクワクしてしまいます。

次回はお土産の紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/25-ba4c73dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad