晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

トランザルプの現地での評価

一ヶ月ほどイギリスに出張してきました。
通信手段が19200bpsのモデムしかなくて、とても日本のWEBサイトを見る気になれずほったらかしにしていました。

バイク大国なこの国では、日本だと超絶マイナー車になってしまったトランザルプもお手軽なマシンとして出回っているようです。
買うつもりもないのに中古車情報誌を買ってしまったのは、表紙になななんと我らがトランザルプの雄姿を見つけてしまったからです。
そいつがコレだ!

100301_001
わずか2ページの特集でしたが、お土産のつもりで購入してきました。

100301_002
新色で颯爽と走っています。

100301_003
特集ページの左側。

100301_004
特集ページの右側。

100301_005
外国の評価も、日本と似たり寄ったりの様子です。
車格の割に細部の造りやパーツ精度がショボくないか?と現地の人も感じている様子・・・。

ライバルはF650GSのようですが、ちょっと水をあけられた感じですね。
スペック数値で負け、ギヤボックスが1段少ない、他にゲルマンならではの機能てんこ盛りバイクがほぼ同じ値段で売ってる訳なので。
ホンダブランドという安心感で勝負?過去の遺産だよなあ・・・

実は自分もF650GSと迷ったのですが、並列ツインとはいうものの同時爆発で単気筒っぽいF650は、動き出せば軽快だけど低速の粘りがありませんでした。
自分の腕ではオフはむりだろー、というのが第一印象でした。
ギヤ比も、一般道で6速に入れたら間違いなく免許を没収されてしまう速度。
800ccという排気量の割には、のんびりまったりテケテケ走れない上にフラットなエンジンで面白くないぞーと結論。

前後チューブレスのキャストホイール、軽量多機能、足つき良好、デザインGOODと長所もてんこ盛りでトランザルプと甲乙付けがたく、最終的にはお店の印象と値段でトランザルプに決めました。
あと、定期的にバッテリーが突然死する仕様というのも・・・。

乗ってみれば700cc 60馬力というバイクにしては非力なスペックも必要十分だったし、強いて言えばやっぱり低速が粘らないなーというくらい。
(セローやXR250と比べたらダメだろ、って言う程度です)

VFR1200ベースのバラデロ1200とか作ってる暇あるなら、アフリカツイン再販してくださいよHONDAさん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/31-874c0173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad