晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

北海道ツーリング2010 5日目

北海道ツーリング2010、5日目は最果ての島「礼文」に渡りました。

「アンタたちバイク乗りってホントに歩かないわね~」

と言われたことを証明しに行ったかのような一日になりました。

100922_003_.jpg
稚内港から、ハートランドフェリーで礼文に渡ります。
最初は利尻にも行くつもりだったんですが、じっくり見たほうがいいという昨夜の宿の皆さんの勧めで、今年は礼文に絞ることにしました。
ちなみにバイクは自分ひとりだけでした。

100922_005_.jpg
行ったらすぐに積まれてしまったものの、船には乗れないと言われて外をウロウロしてました。
乗船時間になっても「バイクの人はデッキから乗ってください」と言われて、わざわざデッキから回って階段の所に出ました。

100922_008_.jpg
船尾部分の外になる座席です。
ソコソコ寒くて水しぶきもかかるのに、なぜか人が多かったです。

あとで分かったんですが、理由はこちらの方が揺れが少ないからでした。
凌波する船首部分は何メートルも上下(ジェットコースターの上から下をずっと繰り返しているような状態)しているものの、船尾はそれほどでもないので……かく言う自分も寒さに震えながらここと船内を行ったり来たりしていました。

100922_011_.jpg
小さな船なので女性のアナウンスはなく(作業員の男達のみでした)出稿。
防波堤の中でも結構揺れるなーと思いきや……。
外に出た途端、猛烈な縦揺れに襲われて立っているのもやっとの状態が1時間以上続きました。

しかも観光客が満席以上に乗り込んできていて、座るところもない状況。
船尾に行ったり廊下に座って坐禅状態でひたすら耐えていたら、遠くでもんじゃを作っている人の悲鳴やら、掃除に追われる船員やら、阿鼻叫喚の状態になっていました。

100922_014_.jpg
すっかり弱くなった己の三半規管を恨みつつ上陸。
バイク乗れるかな?と本気で心配したものの、思ったよりはすんなり降りることができて一安心。
今まで乗ってきた船には島で待っていた数台のバイクがすぐに乗り込んで、再び稚内へ戻って行きました。

100922_057_.jpg
まだ少し気分が悪かったので、ひと休みしたあと先にお土産を物色。
残念ながら、観光地価格。
ユニークアイテム以外は買わない方がいいみたいです。

バイクが止まっているところの店のおじさんに観光案内を聞いて、ユルユルと(フラフラと?)礼文散策に出発しました。

100922_015_.jpg
第一の観光名所、桃岩。
途中まではバイクで来ることができます。
あとは徒歩。
急な上り坂を30分くらい歩くことになるので、注意しましょう……。

100922_016_.jpg
風の谷の~ナ○○カ~♪
ああ、古すぎてゴメンナサイ。
当時は俺だって若かったんだ!

100922_028_.jpg
高山植物がたくさん咲いていました。
キレイだなーと思ったのでパチリ。
夏に来ていたら、もっとキレイなのではないかと思います。

100922_029_.jpg
折しも同じ頃に来ていた観光客と美人のガイドさん二人が歩いていて、

「僕はこんな山道全然平気へっちゃらです」

という顔をして、その実は溜まりまくった乳酸と酸素不足に陥った呼吸器が悲鳴を上げていたのは秘密です。
顔を向こうに向けて、鼻でブフーブフーって息してたり。

100922_031_.jpg
地蔵岩。
帰ってから調べるまで、どれが地蔵岩かわからずに写真を撮りました。
礼文に来てからというものの、ものすごい風で飛ばされそうになりながらバイクに乗っていました。

100922_038_.jpg
礼文空港に到着。
空港なのに、たどり着く道は細くて農道に毛が生えたような道が2本しかありませんでした。
すでに閉鎖されてからかなりの時間が経っているようですが・・・・・・レーダーや照明器具なんかが真新しく整備されているところを見ると、ロシアや半島、大陸の人たちと一戦交えたときの最前線拠点として想定されているのかもしれません。

100922_047_.jpg
空港の丘の上から。
風に対してバイクを横向きにするとコケそうになるので、本当に一瞬カメラを構えて撮ってます。
風速30mとかそのくらいあったんじゃなかろうか?

100922_048_.jpg
ここはお土産やさんの主人に薦められた展望台。
風でバイクが倒れそうになって凄くドキドキしました。

100922_051_.jpg
北の端、スコトン岬。
ここにあるお土産屋さんは、観光地価格+観光地価格なので買わないほうがいいと思います。

100922_053_.jpg
なんと!最果ての民宿がありました・・・・・・。
日本人てたくましいなあ・・・・・・。

現地に行ってみるとわかるんですが、こんなところに!と呆れてしまうような場所にあるんですよ。

100922_055_.jpg
スコトン岬の先に見えるのが、トド島。
その名の通り、トドが集まるからトド島って言うみたいです。

ちなみに、ココはあまりにも風が強くて目が開けられなかったので(コンタクトレンズが飛んでしまうから)、ずっとヘルメットかぶってました。
ネイキッドバイクで150kmくらい出しているときに立ち乗りしてしまったような風が吹いていました・・・・・・。

100922_056_.jpg
お腹が空いたのでお昼ご飯代わりのえび汁と揚げいもを食べました。
トド肉の串焼きもあるらしいけど、店が閉まっていて買えませんでした。

100922_058_.jpg
利尻島。利尻富士というだけあって、富士山によく似てますね。
機会があれば渡ってみたいです。
(バイクは塩まみれになってしまうので持ってこないと思います)

その後4時間12キロコースを散策したら、歩きすぎて三年目のブーツに穴があいてしまいました。

100922_059_.jpg
帰りの船は利尻経由で2時間以上、風向きの関係で激しい横揺れに揉まれながら稚内へ……。

分かりにくいけどバイクは塩で真っ白になっています。
たった一日でフロントフォークにサビ、ヘッドライトには塩ツララが出来ていて本当にビックリ。

100922_061_.jpg
稚内に上陸したら中秋の名月がくっきりと。
34回目の誕生日を締めくくるに相応しい?夜になりました。
月の光に乗じて暁を待つ、てな感じですかね……。

100922_062_.jpg
その日は夜遅く宿について、写真を撮り忘れたので翌日の朝に撮りました。
走行距離は120kmでした。

でも一番疲れた日だった……。
スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://207sw.blog84.fc2.com/tb.php/45-6a164e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad