晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

タイガー バーライザー取り付け

あけましておめでとうございます。

気がついたら年が明けていた・・・(^^;
仕事が忙しくて全然プライベートな時間がとれないまま年越しをして2016年になっていました。
需要のないブログを続けるのもどうかと思っていたのですが、タイガーのカスタムは情報が少ないので、自分のメモ書きを兼ねて綴っていこうかと思います。

今回はよくあるカスタム、ハンドル位置を上げてみました。
タイガーはデュアルパーパスに分類されるオン・オフ両用の万能選手だと思いますが、イギリス人の体格に合わせて作られているのか前傾ぎみの姿勢で乗ることに違和感を感じていました。
100kmを超えるような長距離を走ると、腰と肩がだるくなるんですよね。

過去いろんなバイクでハンドル位置をいじったのですが、高くなるだけではうまく調整できないことが多かったので、今回はちょっと変わったバーライザーを選んでいます。

150525 (1)
今回はROX speedFXというメーカーのものを通販で購入しました。
外見がほとんど同じで違うメーカーからも出ているようですが、トライアンフ用とうたわれていたこちらにしました。
ハンドル径で2種類あるみたいなので注意が必要です。

150525 (2)
交換前。
既にアップハンドル化されているけど、まだちょっと低いんですよね。

150525 (4)
ブラケットを外したらハンドルが落っこちてしまったので拾って乗せました(´・ω・`)
ハンドルには取り付け位置の印があるので、うっかり見ないで外しても元に戻せそうです。

150525 (3)
ねじロック剤付きの長ーいボルトが付いてます。

150525 (6)
バーライザーを取り付けて仮止め、ハンドル位置微調整、仮止め、・・・という作業を何度か行って位置を出しました。

このバーライザー通常のものと何が違うかというと、高さに加えて前後が変えられるんですね。
(と書いてしまうと誤解されそう)
元々ハンドルを固定していた所へ嵩上げを挟むのが通常のバーライザーだと思うのですが、この製品の場合固定部分を円形にすることで、角度を自由に決めることができる仕組みになっています。

左右で微調整しないとハンドルが斜めになってしまうので取り付けがちょっとむずかしかったです。

150525 (5)
取り付け完了。
フルロックまでハンドルを回すとケーブルがパツパツになってしまったので、少し取り回しを直しています。

40mm以上嵩上げしたのでかなり乗り味が変わりました。
取り回しが楽になったのと、長距離を乗っても全然疲れなくなりました。

上体が起きるようになったので風がまともに当たるようになってしまったのが欠点でしょうか・・・。
いずれハイスクリーンに変更することも検討中です。
(冬を乗り切ったらいらなくなるかも)

テーマ:Triumph - ジャンル:車・バイク

タイガー グリップヒーター取り付け

タイガー改造計画の最後の山場、グリップヒーターの取り付けを行いました。

当初はホンダのスポーツグリップヒーターを検討していたのですが、15年モデルからスロットルが電子式になったのでスロットルボディごと交換するスポーツグリップヒーターは使用不可(だと思う)なので急遽中止に。
キジマのGH06を使用予定でした・・・が、在庫切れで入手不可。

そろそろ寒くなって普通のグローブだと耐えられなくなってきたので、他のメーカーを漁っていたらエンデュランスというメーカーのグリップヒーターHGを発見しました。
デジタルの電圧表示、電圧降下に反応して自動カット、段階式出力調整、グリップがあまり太くならない・・・などなど、必要条件以上の仕様だったのでこちらを採用することにしました。

151121 (1)_1024
メーカーの窓口から直接買いました。
グリップヒーター本体と、スイッチ取り付けブラケットなどが付属しています。

電源分岐用によくある赤い分岐タップも付いていましたが、速攻でゴミ箱へ。
取説にもできれば使わないようにとの但し書きが(笑)

151121 (2)_1024
左のグリップはハンドガードを外してネジを取れば簡単に外すことができました。

151121 (3)_1024
んで、よく見ないで作業を進めてしまったのでグリップとその下のプラパーツを苦労して分離。
実は左側のグリップは直接つけるようになっているので、外すだけでOKです。

グリップヒーターと並べて比較したところ。若干固めになるほかは気になる太さでもなく、普通に使えそうでした。

151121 (7)_1024
さて取付ようか!と思って見ていたら、違和感に気づいてしまいました。
右と左とで内径が違うじゃないですか・・・。

右はスロットルボディに被せるため太い穴が。
左はハンドルに直付けできるように細い穴が。

となっているわけです。
だいたいハンドル径より0.5mmほど細くなっているようで、ねじ込むには結構力が必要になりそうです。

151121 (8)_1024
自分の目が信用ならないので、反対側からも見てみました。
あとノギスでも測って確認。やっぱり左右で違っていました。

151121 (9)_1024
まずは細い方を左のハンドルにねじ込んでいきます。
タイガーのハンドルバーはザラザラな塗装がされていて、半分を過ぎた辺りからまったく入っていかなくなりました(-_-;)

151121 (10)_1024
それでも何とか捻ったり叩いたりして、最後にケーブルの出口を調整したら左側は装着完了。
途中で手が痛くなってグローブを付けました。

151121 (11)_1024
大変なのは右側です。
こちらはスロットルボディからグリップを剥がしてそこにねじ込むわけですが、ツルツルではない場合削らなければなりません。
タイガーのスロットルボディもたくさんツメがついていたので削ることにして、エアーグラインダーを用意しました。

151121 (12)_1024
出っ張っているところはみんな削り落としています。
意外にエアーを使うので、1馬力の中華コンプレッサーでは息も絶え絶えで削るのに時間がかかりましたが、何とか削りきりました。

151121 (13)_1024
左側の失敗に懲りて、洗剤を滴るほどにふりかけて滑りを良くしておきます。
んで、一気にねじ込むつもりだったのですが・・・案の定大苦戦(TдT)
親指の内側の手の皮が剥けるほど苦労してようやくねじ込むことができました。

あとスロットル取り付け部にかなりの力を加えてしまい、位置決め用のツメが折れるという災難にもあったので、取り付けは慎重にやりましょう(付けにくいけどスロットルを外しておいたほうが壊さないので)。

151121 (4)_1024
タイラップで配線を仮止め、引き回ししていきます。

151121 (5)_1024
スイッチ&電圧インジケーターはハンドルではなくメーター横に取り付けることにしました。
(ハンドル周りがゴチャッとするのは好きじゃないので)

151121 (6)_1024
サイドカウルをバラして、純正グリップヒーターの配線に接続します。
電源部はこれであっけなく完成。
消費電力も純正とほぼ同じなので許容範囲内です。

151121 (14)_1024
ハンドル右側面、冷却水のタンクがある辺りです。
ここにコネクタ類や配線をまとめました。
正直このまとめが一番ダメな感じ・・・汎用部品なのでどうしても綺麗に取り付けることができません。
いずれオリジナル配線に修正するかもしれません。

151121 (15)_1024
スクリーン取り付けネジのところにスイッチ兼インジケーターを固定。
コの字型の金具を作って黒く塗りました。

151121 (16)_1024
横から見たところ。
視認性がいいように、メーターの角度と同じになるように曲げています。
指でポチッと押してもブレたりはしません。

151121 (17)_1024
ハンドルからのケーブルは自由に動けるよう、マジックテープのバンドで固定しました。
(ハンドルを切った時に結構動いて擦れるので)

151121 (18)_1024
周りを片付けて一段落したところで電源オン!
(って実際は電源に繋いだ時に一応テストで入れてますが)

エンジンをかけていない時の電圧は12.2Vでした。
まだバッテリーさんも元気の様子。

151121 (19)_1024
エンジンをかけると14.1~14.3Vで安定するようになりました。
グリップヒーターを最大で稼働させても変わらなかったので、発電機の出力に余裕があるみたいですね。

このグリップヒーターは5段階で強弱セットできるみたいです。
電源ONしたら最初はフルパワー、温まったら下げる。みたいな設定もできるようですが、2くらいでも十分暖かくなったので使用していません。
まあ、氷点下になるような時はもう少し上げるかもしれませんが( ´∀`)

手が温かいと体全体が温まる気がするのは気のせいじゃないと思います。
これで冬のツーリングもバッチリだ!

テーマ:Triumph - ジャンル:車・バイク

タイガー 電源分岐リレー取り付け

タイガー電装改造計画の要となる、キー連動電源リレーの追加をしました。

多分に日本の匂いがする最近のトライアンフ車ですが、よく見ていくとあまり余裕がない配線の造りになっているのと仕上げが雑なのがわかります。
日本車みたいに拡張性のない造りとはまた違った、余裕のない造りという説明しづらいものなのですが、例えばテールランプから線を分岐してリレーを追加、なんてのがやりづらい配線だったりします。

なので、時間がかかってもいいので、キレイに作ろうと思って既存の線から分岐するのはやめることにしました。

150516 (1)
リレーの取り付け位置に悩むの図。
ここって結構外からの通気性がいいので、水分やホコリが溜まりそうです。
あと良く開ける場所でもあるので、追加した電線や後付けパーツの存在を見せたくない箇所でもあります。
とりあえず付けてみましたが、ここはやめることにしました。

150516 (7)
キャリアの下に広大なスペースを確認!
純正のアラームが付く箇所らしいのですが、もったいないほどの大きさがデッドスペースになっていました。
もうちょい工夫して小物いれにならなかったのかなあ。

ともあれ、リレーを追加するには絶好の場所ということでさっそく取り付けました。

150516 (2)
バッテリーのプラス端子にヒューズソケット付きの電線を付けます。
マイナス端子からは、そのままの電線を持ってきました。
ここから少々ややこしくなりますが、

1.シート下ヘラーソケットへ行く電線が1系統
2.ETCなど後付け機器へ行く電線が1系統

の2つへ分岐させました。
1はオプティメートを付けるために、電源連動しない直結の接続で使用するための系統です。
2は車体リレーを介さない、後付けのキー電源連動系統です。

ちなみに、ハンドル横のシガーソケットは車体側フォグランプ用の回路を使ってキー電源連動としてあります。
実質、今回追加したリレーの回路を使うのはいまのところETC車載器だけになりますね。

150516 (3)
青と白の2芯ケーブルはヘラーソケットへ行っています。少々手が入りづらくて大変でした。
スパイラルチューブで巻かれた白と黒の線はリレーの接点回路へ接続します。

150516 (4)
最初にリレーを取り付ける予定だったところに線を通して行きます。
CANBASコネクタを反対側に折り曲げて移動。
ツールケースもうまく収まりました。

ツールケースの下に見えるのは、車検証・自賠責保険などのコピーをジップロックに入れたものです。

150516 (8)
見えなくなる箇所なので、整線も適当に済ませています。
いや・・・余裕を持って、の方が妥当ということにしておこう(*´ω`*)

150516 (6)
配線が済んだら蓋をして完成です!
すっかり見えなくなってスッキリしました。なかなかうまく取り付けできたのではないでしょうか。

ちなみにリレーのコイル電源はハンドル横ヘラーソケットの配線から分岐して持ってきました。
作業しているときはそれほど気にしてませんでしたが、経路が長いのでイマイチだったかもしれません。

テーマ:Triumph - ジャンル:車・バイク

151012 青崩峠

紅葉の様子を見がてら、久々のロングツーリングに行ってきました。
(といっても日帰りなのですが)

国道1号線で浜松まで行って、152号をひたすら北上。
諏訪に入ったら折り返して20号を山梨まで抜けて、358~139号で三角形を描くようなルートでした。
ツーリングルートとしては時間がかかるのと、1号&20号は面白く無いので高速道路に変えたほうが良かったと思いました。

151012 (3)_1024
三遠南信道を外れて青崩峠に向かう林道を走ると、終点に着きました。
急坂のコンクリート道路+途中からガレた林道になっていました。
若干砂利気味でタイヤがめり込むのと、雨上がりのあとでぬかるんでいる所が滑って怖かったです。

151012 (4)_1024
これを見て達成感を得るためのツーリング・・・余人には理解しづらいんだろうなあ・・・

青崩峠は車両で通過できないことがわかっていたので行ったことがなかったのですが、今回通り道だったので寄ってみようと。
ハイキングや登山しないとなると、単なる物好きでしかないので注意です。

151012 (6)_1024
青崩峠までは徒歩で向かいます。所要時間5分くらい。

151012 (7)_1024
途中の山道は完璧に整備されてるわけではないので、若干スリルがあって楽しいです。

151012 (8)_1024
体が温まるくらいの運動で青崩峠に到着。ちょっと広くなってました。

151012 (9)_1024
昔はこの峠道を使って行き来していたらしいですね。
今よりもう少しマシな道だったのかもしれないけど、山賊とか強盗の危険性を考えると大変な旅程だったんだなあと思います。

151012 (11)_1024
山頂を目指したければあと2時間!
行こうかと思ったけどなんにも準備してこなかったので、今回はやめときました。
(靴はガエルネだからいいとしても、リュックにおにぎりと水しかもってきてない・・・)

151012 (13)_1024
朽ちた昔の看板が転がってました。

151012 (17)_1024
兵越峠に行く・・・にも2時間かかるみたいです・・・自分の足だとその1.5倍はかかりそうだ。

何組か登山客とスレ違いました。
コンクリートの道路の最後に駐車できるスペースがあって、みなさんそこに停めて歩いてくるみたいです。
砂利道をバイクで登ってきてしまったのでちょっと不審者の目で見られてました(;´Д`)

151012 (18)_1024
苔がたくさん。歩いていても沢山の種類を見ることができました。

151012 (19)
タイガーは林道の似合うバイクです。

・・・ただしぬめったところは勘弁な(´・ω・`)!

151023 (1)_1024
帰り道でふと思いったって富士山登山道へ。

西臼塚のいつものところで写真を撮りました。
赤く染まったモミジの葉っぱがとてもキレイでした。

本日の走行距離 440km
燃費 24km/L

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

150919-22 早川キャンプツーリング

シルバーウィークは二泊三日のキャンプツーリングに行ってきました。
といっても、今回は自分で計画を立てて一人でいったのではなく・・・こんな流れで行くことになりました。

1.震災が心配だ → テント買うか
2.新しいテント欲しい → 買った
3.テント買ったら寝袋も欲しいよな → 買った
4.買ったら使いたいよな → 一人ポッチは心配だ
5.一人ポッチは嫌だ → 誰かに連れてってもらおう

テントを購入する際に色々相談していた方にお願いして、キャンプツーリング企画に連れてってもらうことになったのでした。
目的地は南アルプスの早川という穴場的キャンプ場です。

DSC01083_1024.jpg
さっそく食料の買い出しに行ってきました。
二泊三日の割には多いような・・・でも後でさらに足してたりして・・・(´ε` )

150919 (1)_1024
TOPケースに食料、着替え、貴重品を入れました。
ツーリングバッグ(マチ最大化)にはテントなどのキャンプ用品が詰まっています。
結構な重量増になったみたいで、両方積んだら脚付きがよくなりました。

150919 (2)_1024
旅の仲間は3人。

テント購入の相談に乗ってもらっていた、登山キャンプもこなす今回の作戦立案者、スーパーシェルパの柿さん。
ツーリングの度にトラブルに見舞われるも、危機対応能力A+くらいの990アドベンチャーD君。
転びたくない病が年々進行しつつある真性ヘタレライダー、タイガー800の私。

3人目以外は非常に心強いメンバーです。
52号をのんびり流しながら、今回の目的地である南アルプス邑野鳥公園を目指しました。

150921 (3)_1024
しなびた田舎の風景を一路、快調にクルージングしていくと、南アルプス邑野鳥公園の看板を左折。
ちょっと早いけどキャンプ場に到着~

・・・ってちょっと待ったああああ∑( ゚д゚ )

150921 (4)_1024
これか、この橋を渡るのか!

注:心配そうにこちらを振り返るD君、ではなく記念撮影中のD君

150921 (5)_1024
アレですよ、下を透けて見ると股の間がキュッと締まるようなあの感覚ですよ。
沈下橋みたいに落ちることはないですが、吊橋の特性としてグワングワン揺れたらどうしようと思っちゃったり。

まあ実際は軽トラが往復してるくらいなので、バイクで走る分には何の障害もなかったんですけどね・・・

ちなみにクルマで来た場合は、看板のあった入り口に駐車場があってそこに止めるみたいです。
バイクはやんちゃしないで常識の範囲で、キャンプ場近くまで入ることができるようでした。
(ハーレーとかゴールドウィングみたいなデカイのはオススメしませんが)

150919 (3)
5棟ほどあるバンガローの前にバイクを停めます。
草ぼうぼうだけど地面は締まっているのでそんなに苦にはなりませんが、重たいバイクだとスタンドがめり込むので石を探さないと危険かも。

150919 (5)_1024
事務所でチェックイン。
ムササビの巣にカメラがセットされていて、彼らの寝姿を見ることができるようになっていました。
あとどこかの大学生?サークル的な野外活動もしてたみたい。
青春だねえ・・・

150919 (4)_1024
早い時間に来たので(お昼前)どこでも好きな所にテントを張れました。
日中日陰の時間が多くなりそうな木陰に設置。

150919 (6)_1024
さあ野郎ども、昼飯の時間だ!

ってことですが・・・基本、サイトで火をつかってはダメらしいので炊飯場へ移動します。
灯りは点くし、コンセントもあったりして現代人向けに親切な設備が用意されています。
携帯使わないつもりで来たけど、万が一充電切れてもこれなら安心です。

150919 (7)_1024
各々調理中の図。
北海道味噌ラーメンに卵を落としておいしく頂きました。
簡素な食事でも、仲間と自然の中で食べるごはんは格別の旨さがあります。

150919 (9)_1024
モンスターエナジー仕様?

カメラを忘れたので撮ってませんが、この後西山温泉・湯島の湯でさっぱりして自由タイムに。
各々昼寝したり林道探したり色々、自由な時間を過ごします。

150919 (10)_1024
さあ野郎ども、晩酌の時間だ!

たそがれ時に黄色いランタンの淡い光を見つめながらお酒&おつまみをいただきつつ、仲間と語らう。
キャンプの中でも一番楽しい時間なんですよね。
呆れるほど大きくて大量に湧いてくる蚊に悩まされながらも、夜は更けていきました。

150920 (1)_1024
朝。
家にいる時はいつもダラダラしてるくせに、(`・ω・´)シャキーンと目が覚めてしまったので朝日を浴びながら読書タイム。
お茶と昨晩の残りのお菓子をつまみながらのんびりとした時間を過ごします。
(毎日こんな朝だったらいいのに)

150920 (2)_1024
パンと紅茶の優雅な朝ごはんを終えたら、腹ごなしに自然を散策。
キャンプ場周辺が探検できるようになっていて、自然とより深く触れ合うことができるようです。

150920 (3)_1024
けもの道風なので一人では散策しないようにとの注意が・・・
カジュアルな靴だと危ないルートだったし、蜂の巣もあったりして危険な箇所もあるので、あながち脅しではないかも。

150920 (4)_1024
沢に降りてきました。
写真では伝えにくいけど、絶景なり~

150920 (6)_1024
絶景その2

150920 (5)_1024
岸壁にでっかい蜂の巣がありました。
昔なんかのテレビで、こういう蜂の巣を採って生計立ててる民族のドキュメンタリーを見ました。

150920 (7)_1024
ルートはこんな感じ。
ロープや看板があるけど、たまに見失って迷子になります。

150920 (8)_1024
沢の音が心地よいです。

150920 (9)_1024
きのこ図鑑 No.1

150920 (10)_1024
きのこ図鑑 No.2

150920 (11)_1024
きのこ図鑑 No.3

150920 (12)_1024
きのこ図鑑 No.4

150920 (13)_1024
きのこ図鑑 No.5

150920 (14)_1024
きのこ図鑑 No.6

150920 (15)_1024
きのこ図鑑 No.7

150920 (16)_1024
きのこ図鑑 No.8
マツタケはどこじゃー

150920 (17)_1024
きのこ図鑑 No.9
こうやって見てると、何もかもが旨そうに見えてくるから不思議(*´﹃`*)

150920 (18)
散策を終えて、林道探検に行きました。
広河原のピストン林道へ行く予定だったのですが・・・
先日までの雨で土砂崩れが起きて、路面が崩壊してました。

150920 (19)_1024
しかも林道はゲートが閉まっていて通行不可能・・・
D君が色々探索してくれたのですが、この辺りの入り口はすべて同じ状態になってました。
法とリスクを犯して侵入はダメだねってことで、林道散策は断念しました。

正直乗り始めたばかりのタイガーで走れる自信がなかったので、残念とホッとしたのと半々かなあ・・・
タイヤをもう少しオフ寄りに変えてから、フラットダートで練習して慣れていきたいですね。

150920 (20)_1024
350円ながらもおいしい桃ソフト。
林道散策が中止になったので、時間つぶしにクラフトパークまでやって来ました。
いつ来ても誰もいない穴場だったのに、いつの間にか道の駅として整備されてお客さんがたくさん来てました。
駐車場に入りきれないくらいいるってビックリです。

150920 (21)_1024
数少ない国内売りのアドベンチャーツアラー、スズキのV-STROMもキャンプ用品満載で停まってました。

150920 (22)_1024
田舎感半端ないおばあちゃん達が経営する、そば処アルプスで昼食。
揚げたてだけど熱くない天ぷらとのどごしの良い手打ちそばが美味しかったです。
こっち方面に来たらまた寄ろうかと思います。

150920 (23)_1024
午後は林道散策を再開。
ちょっとフカフカで走りづらいけど、止まらないで一気に行けば行けそうなダート道を発見。
なのになんで止まってるかというと・・・先行のD君が止まってたから。

彼が行けないのに俺が行けるわけねえ!

ってことでビビって止まった → \(^o^)/オワタ

という状況。
俺が先に行ってたら間違いなくすっ転んでお嬢様タイガーが野生タイガーに変わってただろうなあ・・・。

150920 (24)_1024
その先はこんな感じで資材置き場みたいになってました。
Uターンは手伝ってもらって、坂の下まで押していったあと帰りました(←ビビってる)。

150920 (25)
二日目のお風呂は奈良田の温泉にやってきました。
シルバーウィークだってのにこの人の少なさはまさに穴場。
温泉までは駐車場から坂を登って行かなければならないので、足腰の弱い人はゆっくり歩いて行ったほうがいいです。

150920 (26)
そして・・・またもやカメラを持っていくのを忘れたので・・・
奈良田温泉の麓から撮影。
この集落だけパカっと開けた地形になっていて、気持ちの良い風景が広がっていました。

150920 (27)_1024
トンネルなのか水路なのか・・・
近くに水力発電所があったので、その関連設備かな?

150920 (28)_1024
吊橋があったのでわたってみます。
こちらは揺れるのでバイクじゃ無理ですね・・・
渡った先にはキャンプ場があるようでした。

150920 (29)_1024
吊橋の上から。
ダムがキレイ・・・(注:ダムフェチではありません)

このあとは、夕方になるまでのんびりして晩飯を楽しみつつ早寝しました。
が、子供連れキャンパーが日が変わるまではしゃいでいて眠れませんでした・・・
朝は6時位から大騒ぎで早起きする事になったのはお約束ヽ(`Д´#)ノ

150921 (1)_1024
3日目。
寂しいけど撤収に入ります。
下界に戻りたくないなあ~ 脱サラして山にこもろうかなあ~

150921 (2)_1024
我らのテントは撤収済み。
初日に比べるとたくさんのテントが貼られています。
柿さんの話によると、こんなに人がいるのは珍しいとのこと。やっぱ連休効果ってことなんでしょうね。

150921 (6)_1024
帰りは走り慣れてるのに未だに怖い本栖みち。
工事中の段差で二度ほどジャンプしました。

途中で休憩したときにD君のウルトラCを見せてもらいました。
完全にひっくり返ったとおもったもんなあ・・・バランス感覚スゲー!って思いました。

150921 (7)_1024
お昼はチャンティックで富士宮オム焼きそば。
ここもあまり混まない隠れた名店だと思うのですが(いくたびに近所の親父達が酒盛りしてる)、オム焼きそばはメニューから外されてしまったみたいで残念です。

今回はリピーターということで特別に作ってくれました。
たくさんライダーが行ってみんな頼むようになれば復活するかも・・・なんて自分だけの妄想ですけど。
こういうお店はなくならないで残って欲しいものです。

というわけで、3日間にわたる楽しいキャンプツーリングもあっという間に終わってしまいました。
食材買いに行ったり、テント仮組みしたり、行く前のワクワクも楽しかったなあ。
ひとりポッチだとそうはいかないのかもしれないけど、また近いうちに行きたいです。
(ただし現実に帰ってくるのが嫌になるので程々に)

走行距離 300km弱
燃費 24.3km/L
かかったお金 プライスレス

テーマ:キャンプツーリング - ジャンル:車・バイク

前のページ 次のページ

FC2Ad