晴れたらバイク 雨ならクルマ

日常の出来事をそれとなく書きとめていきます。

北海道ツーリング2010 2日目

北海道ツーリング2日目は、いよいよ北海道上陸です。
この日は苫小牧港から洞爺湖をまわり、羊蹄山を横目に小樽へ向かいました。

100919_001.jpg
フェリーは違えど何度目かの苫小牧港に到着。
年々ワクワク度は少なくなりますが、今年も始まったぞ!という気合はこの瞬間に入ります。


100919_002.jpg
仙台港では引っ張られていたのが、苫小牧では接岸するために押してます。
船尾だけを押していたので、船首にはバウスラスターが装備されているのかもしれません。


100919_005.jpg
洞爺湖をぐるっと遠回り。
オコタンペ湖にやってきました……が、なぜかタイミングよく風が霧を運んできて何も見えませんでした。
足掛け5年写真を取り続けているというオジサンが色々説明してくれました。


100919_007.jpg
数年前の土砂崩れで道が寸断されているそうで、きた道を逆戻りです。
ちょうどツール・ド・北海道に出くわして延々待ち続けていたら、先頭集団がバイクより早く走ってきました。


100919_009.jpg
場所は忘れたけど、どこかの道の駅。
連休初日の観光客パワーに押されて早々に退散。

100919_010.jpg
……というのは半分で、嫌いなタレントが経営している花畑牧場の看板があったので、やる気が無くなって次に行くことにしました。

100919_012.jpg
洞爺湖 サイロ展望台。
ツーリングGOGOで載っている割には人が少なかったです。
結構穴場だと思うのでオススメです。

100919_014.jpg
身長200cmくらいのヒグマかな?
ロトの装備をして戦っても勝てそうにありません。

100919_015.jpg
かなりの絶景が広がっています。
ヘリコプターで遊覧飛行ができるみたい。
お一人様だと燃料代が出ないのか、声をかけてくれませんでした。

100919_018.jpg
今日の昼ごはんはコレ。
アイスクリームの天ぷら500円でした、
薄めのパン生地に包んだバニラアイスを天ぷらにしてるような味です。

100919_019.jpg
小樽へ向かう途中に見つけたダムに掛かる橋。

100919_023.jpg
定山渓ダムというらしいです。
日も暮れてきて寒さに震えながら写真を撮りました。
お金持ちそうな老夫婦がタバコを吸っていました。

100919_025.jpg
今夜の宿は、小樽にあるいちえというB&Bの宿です。
とても親切で明るい、コンサドーレ札幌ファンのおばちゃんが出迎えてくれました。
小樽に泊まることがあったら、また来ようと思います。

100919_027.jpg
本日の走行距離は297.5km。
そんなに走っていないのに、結構疲れたような……。
(年々体力が落ちているのかもしれません)

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング2010 1日目

9/18~25まで北海道へツーリングに行ってきました。
途中で書きためたメモと記憶をたどりながら、ボチボチ上げていこうと思います。

100918_002.jpg
今日は家から宮城県仙台港まで移動の日。
2日前に土砂降りで心配していた天気も晴れて、すっかりバイク曜日でした。
8時に出発する予定で7時頃起きてテレビをつけたら、

「今日からシルバーウィークです!渋滞はすでに中央道で45km……」

うげっ 思わず朝御飯のパンを落としそうになりましたorz
といったところで時すでに遅し、とくにペースを変えることもなくバイクの始業前点検を行って、家をでたのは予定より30分遅れの8:30でした。

東名に乗ってすぐ、下り線で事故になっていました。事故見物渋滞に巻き込まれること30分、休息予定だった海老名SAは大渋滞で素通り。
途中の電光掲示板に次々に表示される渋滞情報に焦りを感じながら、こうなればできるだけ早く東京だけでも抜けようとノンストップで走り続けました。

100918_003.jpg
13:38
自宅を出て走り続けること5時間着。
東名と変わらない大渋滞の首都高を抜けて(地下トンネルは車のエアコンから出る熱気とトラックの排ガスで酷い状態でした……)、220km地点の佐野SAでようやくお昼休憩。
サービスエリア、事故、トンネル、坂道があるたびに数キロの断続渋滞が続き、ハマーやら観光バスやらがすり抜けを妨害し(観光バスに幅寄せされたときは死ぬかとおもいました)、休日の高速道路は走らない方がいいとつくづく感じました。

100918_004.jpg
2回目の大休憩。
100kmごとの休憩を予定していたのですが、渋滞でロスした時間を取り戻すためにはそうも行かなくなってしまい、おしりの痛みを堪えつつ走っています。
FJRのときはおしりが痛くならなかったのですが、今回はかなりダメージが……。
次回カスタムは低反発シート化、かな?

100918_005.jpg
18:48
ようやく仙台港に到着。途中のコンビニで夕飯と明日の朝飯を仕入れてたどり着くと、すでにライダーがたくさん待っていました。
あと1時間あれば、近くに見つけた温泉で疲れと汚れを落とすことができたのに残念でした。
(実際はこのあと1時間くらい乗船を待たされたので、余裕はあったんですが)

100918_006.jpg
今回初めて乗る、太平洋フェリーの「きそ」、新造船らしいです。
今まで乗ったフェリーと違い、車両甲板の両サイドにバイクを入れるので変則的な積み込みでした。
トラック→バイク→クルマ→トラック……の繰り返し。

100918_008.jpg
積み込みはまだかいな……と待っている様子。すっかり日は暮れてしまいました。
搭乗手続きは2時間前もしくはそれ以前にやっておくと、もうちょっと早く乗れるかもしれません。

100918_009.jpg
今回はキャンペーンで40%オフに釣られて、B寝台にしてみました。バイク込み片道14500円。
大人がかろうじて足を伸ばせるくらいの空間ですが、横に余裕がありカーテンが下ろせること、コンセントが付いているのが2等寝台とは違うところでした。
隣のおっさんがビールをプハーやっていたり、向かいの若者が真夜中まで携帯でゲームしていたり、いきなり猿叫したり(←これは正直怖かった)朝6時から犬の散歩をはじめるオバサンがいたり、話の種は事欠かず、といった状況でした。

日本人のマナーがいいという話は、迷信でしかないと、強く思います。

100918_011.jpg
後続の車両を積んでいる様子。
こんどはクルマで来てみたいな……(でも一人だと寂しい気がする)。

100918_012.jpg
出航5分前。
もうだいたい積み終わったみたいです。
日本海フェリーは港湾作業員さん達が出航を見送ってくれたんですが、太平洋フェリーは誰もいませんでした。
あれ、何気にすごく感動するんだけどなあ。

100918_016.jpg
出航の汽笛が鳴り、ダグボートが平行移動しながらやってきました。
どうやって動いているんだか不思議。帰ったら調べてみようと思います。

100918_017.jpg
なんと、船にロープをつけて回頭させ始めました!
たっぷり時間をかけて、丸々一周させてしまったあとは、ロープを放り出して伴走していました。
きっと、ものすごく力があるんでしょうね。

戦艦大和もこうやって回頭していたのかな?なんて想像したらとてもカッコよかったです。

100918_019.jpg
ダグボートから離れて、船のエンジンで航行開始した様子。
しばしの間、本土よサラバ……です。
両親に最後のメールを送信して、船室に戻りました。

100918_021.jpg
これは! ということで貨物船積み込みの様子をパシャリ。
こんな模型作りたいな……。
港湾施設って数ある職業の中でもおそらく一番3Kな職場だと思うんですが、傍から見るとすごくかっこいいんですよね。不思議な感じです。

100918_007.jpg
というわけで本日の走行距離は、540.3kmでした!
燃費は21km/Lくらいかな。

今回走ってみて気づいたんですが、トランザルプって回転数から逆算すると180km/hが最高速度なんです。
でも180km/hで巡航できる不思議なバイク。
フレームとか足回りの限界をかなり高くしてあるんだなーと実感しました。

快適速度は4000rpm近辺で走れる90km/hということも判明。
無風、無音(おそらく騒音対策)、低燃費、しかし体感速度が60km/hくらいというのが……。
クルマにも煽られます。

100~120km/hが一番振動が多くて、ハンドルまわりはまるでアンカードリル状態。
(130km/hとなる6000rpmくらいで再び無振動になります)
日本で走るのにはちょっと、ねえ。でした。

だからというかなんというか、燃費は良くなかったです(飛ばし過ぎか)。

100918_022.jpg
19日朝10:30。船の上でこの日記を書いてます。
そろそろ到着するみたいで、沖合にタンカーとか他の船も見えてきました。
起きてから2時間くらい日記を書いていたり写真の整理をしているけど、VaioPのバッテリーはあと10時間!
字が小さくて見にくいことを除けば、コイツぁ~なかなかのもんです!

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

前のページ

FC2Ad